日々の泡

マスコミの言うことを鵜呑みにしてはいけないと思うのだ

公務員は、とか民間は、というあまりに大きなくくりでしか話をしないのは
日本は、とか欧米は、という区分けと同じような気がする。

それぞれの役割、背景、構成員の違うものを一律に比べても仕方がないのではないか。

本来の役割と照らし合わせて今やっていることはおかしいよ、
こうあるべきじゃないの、というなら話はわかる。

マスコミはとにかく気に入らない人を叩くだけだから
そういうおかしな論調に流されず
本当のところはどうなんだろう?と
考える力を身に付けたいものだ。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-20 08:19 | あれこれ、思うこと

人を押し退けてはいけません

たとえば、会社ではとってもいい人なのに
家に帰るとわがまま放題だったり
その逆もあるかな、
家ではおとなしくしてる分
外では人に高圧的になったり。

または、ふだんとてもいい人なのに
うっかり゛いやな人゛になってしまうこともあるかも。
そんなつもりはなかったのに並んでいる列に割り込みしちゃったとか
順番を争って人を押し退けちゃったとか。

何でそんなことを思ったかというと、
先日、電車で「ばばあ」と言われて気分を害してた人ね、
この人は電車に乗る列を争って押し退けられた人なんだけれど
今日は人を押し退けてたの。

自分が人にされていやなことはしない、なんて子供に言い聞かせてるのは大人だけど、
その大人がこんな大人げないことをしてちゃだめなんだよなと思ったのです。

子供の方がよほど人のことを考えてると思うよ。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-18 08:04 | 今日の出来事

肥満?

息子が
「お母さん、お母さんは太ってるけど
かわいいから大丈夫だよ」と
励ましてるのかなんなのかわからない言葉をかけてきた。

世間的にみて、たぶん「太っている」という部類には入らないと思うのだが・・・

体脂肪率が11%しかない小1の息子からすると私は太っているらしい。

しかし、それでも大丈夫だよ、
お母さんはかわいいし、まだおばさんじゃないよ、ですってよ。

彼なりの優しさなんだよね。
言葉の選び方はどうかと思うけど(笑)
[PR]
# by kahohime | 2013-11-16 00:02 | 子育ては楽しいですか

行動

先日、仕事で知り合ったフリーライターの方と食事をしていて
これからはリスクヘッジが絶対必要だよね、という話になった。

どんなに高給取りになったとしても
”雇われている”状態では、いつなんどき仕事がなくなるかわからない。

また、フリーの仕事だけでも不安は不安だが
いくつかの種類の仕事を掛け持ちしていれば
その不安は多少なりとも解消されるかな、と。

その人は、今シナリオスクールに通っていて
いつか脚本家として名を挙げたいのだそうだ。
いくつか”書く”仕事を掛け持ちしながら
本業がシナリオになったらいいな、といっていた。

私も最近、かなり真剣に考える、リスクヘッジ。
仕事の掛け持ちはもちろん、投資などで資産を殖やさないとなあと思う今日この頃。

いよいよ、お金に関する勉強を本格的にしようかと思う。
加えて、副業も増やしたいな、と。

理想は楽しんで仕事して、時間に余裕を持てる生活。
そんな仕事ないよ、という人もいるけど
私は楽しんで充実した生活を送りたいのであって
楽をしたいわけじゃないから
そこは私の努力次第でどうにでもなると思っている。

自分の生き方は自分の行動次第なんじゃないだろうか。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-15 22:22 | あれこれ、思うこと

相異

働く母にはいろいろな制約がある。
時間がない。
残業したくてもできない。
子どもの勉強を見てやりたくてもなかなかできない。
いろいろなジレンマ。

家庭を持たない人にとっては
残業しないで帰る人が楽をしているように写ることもあるでしょう。
その職場の仕事の内容によるけれども
家庭が有る無しに関わらず
楽をしている、手を抜いている、という人はいるわけで
その人の生活環境とは関係ない場合も多々あるはず。

何が言いたいかというと
働く母の大変さは独身の人にはわからないし
独身でバリバリ働き続ける人の悩みは
母にはわからないわけ。
男と女が違う生き物であるのと同じで
働く母とそうでない人は生きる環境が違う。
違う生き物だという認識を持った方がいい。
その上で、お互いの立場を理解する努力が必要だと思う。

・・・と、たまたま職場でそんな話になったんだな。

男女の、人としての価値はもちろん平等だけれど
違う生き物。
価値観の違いは埋められない部分もあるから
何でもかんでも平等に、とするから軋轢が生じる。

母親と独身の人と、その関係も男女の関係と同じような気がする。

違う生き物なんだということをしっかりと認識して
その上で上手に棲み分けできれば
お互い気持ちよく過ごせるのではないかな。
性別が同じなら何でもわかり合えるかというと
そんなことはないからね。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-14 22:09 | あれこれ、思うこと

遺伝

子どもたちの成長が著しい。
それぞれの個性がはっきりして来て
実におもしろい。

子どもって不思議。
同じ親から産まれたのに
3者3様。
当たり前というかもしれないが、
同じ遺伝子を引き継いだはずなのに
全く異なる個性。
こんなおもしろいことはないよ。

それでいて、顔や身体の一部が親と似ている。
性格はどうなんだろうな。
もともと似ているのか
一緒に暮らしているから似て来るのか。

子どもは大きくなるほどおもしろくなる。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-13 23:40 | 子育ては楽しいですか

大蒜

餃子って、いつから大蒜が入らなくなったんだろうか。
昔は大蒜の代名詞のような存在だった餃子。
今は「当店の餃子は大蒜が入っていません」なんて
注意書きを見ることがあるほどに、
大蒜入り餃子は嫌われてしまったんだろうか。

まあ昼休みに思いっきり大蒜臭い餃子を食べるのはまずいかもしれないが
休みの時はいいじゃない。
たまには昔ながらの餃子を食べたいとも思うけれど
入ってないんだよね・・・。

だから自分で作るしかないのだ。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-12 23:41 | あれこれ、思うこと

産後

人生のうちで産後が一番辛かった、という女性は少なくないようで
(私もそうだなあ)
命を育てるということはそれほどに大変なことなわけだが
本来なら夫婦2人で乗り切るところ、
それができないと”産後クライシス”という状態になる、
ということを、なんと子ども3人産んで初めて知った。

なんと、子どもが2歳の時点で
相手に愛情を感じている人は
妻で3割、夫で5割。
なんとまあ、という数字だな。

うちは幸い、夫がほんとに私にも子どもにも優しいので
出産前と何ら変わらないけれども
世間の夫婦の半分以上は愛情なしで暮らしている、ということなんだろうか・・・

たしかに、周りのママでも
子どもはかわいいけど、夫はね・・・
という人がいる。

人生の一大イベント、出産。
これから幸せがもっともっと増えるときに
どうしてそうなってしまうんだろうか。

残念だ。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-11 23:01

低迷

なんとなくモチベーションが下がっている。
こんなときにがんばりすぎるとだいたいよくない。

運気が低迷していると理屈抜きで感じる時は
おとなしくしているに限る。
そして、運気が上がるのを待つ。

と思って、今週の占いをみてみたら
(好きな占い師さんがいるのだ)
やはり今週前半はあまりよくないようだ。

早く運気がアップするように
2、3日はおとなしくしようかな、と思う。
[PR]
# by kahohime | 2013-11-10 23:01 | 今日の出来事

料理

相手のどんな行動を愛情だと思うか。
結婚するにあたっては、これがけっこう大事なんだそうですよ。

たとえば、「愛してる」と言葉に出して言ってもらうことが
最大の愛情表現だと思っている人に
いくらプレゼントをしても(モノを買っても)効果は薄いわけです。

スキンシップ第一とか
一緒に同じ時間を過ごしたいとか
まあ、愛情に対する価値観とでもいいましょうか。

うちの夫の場合、料理なんだそうです。
手料理を作ってもらう、ということが最大の愛情表現ととらえる人なんですね。
そういう人に対して、どんなに「私は彼に○○してあげてる」と尽くしても
料理を作らなかったらだめなわけです。

仲の良い関係を長く続けるコツのひとつとしては
相手がどんな愛情表現を必要としているのか、ということを
早期に見つけておくこと。
それが大事なんだそうですよ。


e0045474_0575776.jpg

[PR]
# by kahohime | 2013-11-09 00:58 | 日々の楽しみ&幸せ



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル