日々の泡

人生を楽しく過ごす秘密とは、ただ前向きな言葉を使うこと!

人生を楽しく過ごしたいなら、
普段の言葉使いに気をつけること。

そんなことで、人生楽しくなる?
「どうせ無理」
「そんなことしても無駄」
もしそんな否定的な考えが浮かんできたなら
頭の中がマイナス思考になるような言葉で一杯だから。

言葉とは、記憶や思考、行動のもととなるもの。
いい言葉、前向きな言葉、自分を楽しくする言葉を
たくさん自分の中に溜め込んでおけば、
考え方自体がその言葉通りになっていく。

そうならない、後ろ向きな考えばかりでてくるなら、
自分の中にたまっている言葉が
後ろ向きな言葉だから。

前向きな言葉を考えたり使ったりして
損することがあるだろうか?
考えてみてほしい。

損することがないなら、試しにやってみてはどうだろう。
今の生活を変えたいなら、
自分の人生をもっと楽しいものにしたいなら
まずは行動することだ。

[PR]
# by kahohime | 2015-03-22 00:07 | 引き寄せよう!

当たり前が何より幸せだと思うこと

今日は、日本各地で
それぞれがそれぞれの思いを抱えて
いろんなことを考えた日だったと思う。

15時前に、そうか、
こんな薄寒い日だったなと思いだした。

大きな揺れを感じた時は、仕事中。
プレハブの建物にいたから、「これで揺れが大きくなったらヤバいよね」なんて笑っていたけど、
笑っていられない揺れになったから、取る物も取りあえず
みんなで一斉に表に出た。
たっていられないくらいの揺れだった。
コンクリートって、揺れるんだと思った。

しばらく続いた余震に、帰宅許可が出たけれど、
また大きな地震が来ないかなとちょっと不安だった。
そのとき、今は3歳半になる末っ子がおなかにいたから。

長女は返ってきているはずだし、
長男はまだ保育園。
そっちにも迎えに行かないといけないし。
しかし、あちこち電話もつながらないし。

それでも、あー、久々に大きな地震がきたなあ。
そのくらいにしか思ってなかった。
帰って、テレビをつけるまでは。

何かの見間違いかと思った。
だって、車や建物が流されてる。
おもちゃみたいに。
これ、ほんと?
子どもたちと、信じられない思いでテレビを見ていた。

あれからもう4年もたつんだ。
まだ4年か。

まだご家族の元に戻れていない人もいる。
避難を続けている人もいる。
私は生きていること自体に感謝して
当たり前の毎日を大事にしていきたいと思う。

[PR]
# by kahohime | 2015-03-11 23:34 | あれこれ、思うこと

親にできること

今回の川崎の事件は、直接の知り合いの方々だけでなく
日本中の子を持つ親が心を痛めていると思う。

同じくらいの年の子がいる親なら
自分の子どもと重ね合わせて
同じ親だからこそ、その辛さが計り知れないことが
わかるだろうから。

親にとって子どもに先立たれるほど辛いことなんて
きっとないからだ。
どんな理由であっても、認められないことなのだ。

どうしてこんなことになったのか。
当事者を責めるだけでは何の解決にもならないし
慰めにもならないだろうと思う。
もちろん、解決したところで
失われた命が戻るわけではないし
親御さんの悲しみが癒えるわけでもないが
同じ不幸を繰り返さないために
なんとしても真相解明が望まれる。

そして部外者の私たちにできることは
自分の子どもが被害者だけでなく
加害者にもなりうることを常に頭に置いて
子どもとどう接すれば良いのか
考えていくことなんだろうと思う。

うちの子に限って。
その思想は危険だ。
誰でも加害者になる可能性がある。
そして、それを回避するためには
周りの大人の力が必要だ。

子どもへの愛情をキチンと伝えること。
あなたを大事に思っている、という気持ちを
あらゆる手段で伝えることが
子どもを暴力から救う手だてだと思っている。

しかし、言葉で言うほど簡単ではないのだ。
それが簡単にできれば
こんな素晴らしいことはないのだけれど。

ちょっとしたことで
「さっさと勉強しなさいよ!」
「片付けなさいって言ったでしょ!」と
怒りの言葉しかぶつけていない自分にはたと気づいて
もう少し違う言い方ができないものかと
反省する日々である。

こどもたちよ。
お母さんはあなたたちが大好きなのだ。
死ぬほど好きなのだ。
その思いを、きちんと伝えないとなあ。


[PR]
# by kahohime | 2015-03-01 23:20 | 子育ては楽しいですか

食欲と生きる気力

夕食を作ろうとする時に、
とりあえず何でも良いからぱっと浮かんで来る時と
そうでない時がある。

材料はそれなりにあるのに
つくる気がしないというか、
これ食べよう!と浮かんでこないとき。

食欲と気力とは比例するんだよなあと思う時である。

つまり、つくるものが浮かんでこない時って
ものすごく疲れているのね、精神的に。
体の疲れだけなら何とかなるのよ。
気持ちが疲れてると、多分頭が鈍るんだな。
それで、食べたいものすら浮かんでこなくなる。

だからね、食欲があるかどうかって
すごく大事なことなんだよ。
(過度な食欲はこれまたまずいんだけどね、違う意味で)

適度な食欲は生きるエネルギーに満ちてるってこと。
逆に、胃腸の調子も悪くないのに
食べる気力がわいてこない時は要注意だ。

家族や友達にそんな人がいたら
そっと気にかけてあげると良いと思う。
本人ですら、ストレスがたまっていることに
気づいていないことがあるから。

[PR]
# by kahohime | 2015-02-28 00:59 | あれこれ、思うこと

ねこと私の共通点

先日、スタッフが休日だというのに飼い猫をつれて会社に遊びにきてくれた。
前々から、つれてきて〜、会いたい〜と言っていたものの、
本当につれてきてくれるとは!

まだ3ヶ月のアメリカンショートヘアーの女の子。
久々のねこの感触はあったかいし、柔らかいし、何ともいえず心地よい。

私も昔は実家でねこを飼っていた。
ピーク時にはなんと4匹もいた。
しかし、それほど「ペットがいる」という感じもしなかった。

それはなぜか。
ねこは放っておけば良いからである。

逆にいうと、ねこはあまりかまわれたくない。
あまりかまうとうるさがられる。
自由気まま、孤高の存在なのだ。

私にはその気ままさが心地いい。
私も放っておいてほしいタイプだから。

しかしあまのじゃくなのは、普段は放っておいてほしいのだけど、
ずーっと放っておかれっぱなしでは寂しい。
適度にかまってほしい。
自分がかまってほしい時だけ。
そう、そういうわがままさがあるの、ねこも私も。

良く解釈すると、適度な距離感が心地いいの。

小さなアメショちゃんを見ながら、
家の中を4匹ものねこが自由気ままに歩き回っていた昔を思いだしていた。




[PR]
# by kahohime | 2015-02-25 00:33 | 日々の楽しみ&幸せ

落ち着きがなくても、まあいいか。

今日は、春の嵐が来るのかと朝から身構えていた。
毎週日曜日は息子の習い事があり、自転車で吉祥寺まで行くのだが、今日は雨の予報だし電車で行こう、と歩きで行った。

チビはパパとお留守番。
久しぶりの、息子とのデートだ。

しかし、もうすぐ小3になるというのに、いっこうに落ち着きがない。
保育園の時のままだ。
いや、これが他人の子なら、小学校低学年なんてそんなものよ、と言うところだが、自分の子どもだとそうもいかないのだ。

ゆっくり歩くこともなく、じっと黙っていることもない。
とにかく落ち着きがない。
ずっとニコニコしながら何かしゃべっている。
というよりも、私に話しかけてるんだよね。

まあ、お姉ちゃんや妹に輪をかけて甘えん坊だから、たまに親と2人きりになると嬉しいんだろうね。
甘えん坊で、素直で、わかりやすい子だから。

行きも帰りも、ずっとべたべたとくっついて、ずっとニコニコだった。
男の子は思春期になるとしゃべらなくなるというが、息子が寡黙になる日など全く想像つかない。

しかし、いつか来るその日のために、今のうちにこの落ち着きのなさを楽しんでおこうと思う。

[PR]
# by kahohime | 2015-02-22 23:45 | 子育ては楽しいですか

いいところをさがそう。

人の欠点て、すぐに目につきますよね。
つい、あれこれ言いたくなりますよね。

でも、どんな相手であっても
いいところをたくさん探せる人が伸びる人です。

この人は、私よりもこの点がすぐれている。
だけど私は、この人よりもこの点においてすぐれている。

そんな風に、客観的に自分と他人を見ることができれば
”勘違い”しなくてもすむのではないかな。

[PR]
# by kahohime | 2015-02-21 00:30 | 引き寄せよう!

引き寄せよう、と思うことは誰でもできる

最近、いろいろな自己啓発本を読んでるんですけどね
結局どの本も言っていることは同じ。

全部「引き寄せの法則」なんだな、と。

これは海外の人が書いたものでも
日本の著名人、お金持ちの人でも同じ。

つまり、”成功している人”って、
みんな引き寄せの法則を信じて行動してるわけ。

まあ、お金もかからないし、
自分のこころの持ちようの問題だからね。

信じるか信じないかはその人次第。
行動するかどうかもその人次第。

誰でもできることを
実際にやったかやらなかったか。

その違いだけなんだと思う。

[PR]
# by kahohime | 2015-02-11 23:28 | 引き寄せよう!

シャワーヘッドを交換した。

ここんとこ、光熱費がかさんでいて、何とかしたいと思っていた。
私は働いているから、日中家に人がいないにもかかわらず、この光熱費はなんだ、という額。
これはなんとかせねば、と思い、「なんとか光熱費を節約する方法はないものか」と真剣に自分自身の脳に問いかけていた。

すると。

たまたま見ていたテレビで、「シャワーヘッドを交換すると、水道代とガス代(ガス温水器を使っている場合)の節約になる」と。

なるほど!とその日のうちにアマゾンでポチった。

翌日届いたシャワーヘッドは付け替えてみると、これはすごい。たしかにすごい。
シャワーのレバーは今までの半分くらいの位置で、同じような水圧。
見た目からして、かなり水の量は減らせている。
これをきちんとこまめに止めていれば、さらに減らせる。
使ったそばから嬉しくて嬉しくて、夫に「すごいよ〜〜〜!」を連発した。

なんでそんなに感激したのかというと、「目標を書き出す」とそれが叶う、というのを本で読んで、実行したそばからいろんなことが叶っているから。

目標を書き出す、または自分の脳に質問をする。
その目標を達成するためにはどうすればいいか?
そうすると、脳はものすごいスピードで情報を得ようとするらしい。

神田昌典さんの『非常識な成功法則』を読んで、目標を書くという作業に邁進しているのだが、これが楽しいのだ。


目標を書くということは自分のやりたいことを明確化していくということにもなるので、ただ漫然と生きているよりもずっと楽しくなるよ。




[PR]
# by kahohime | 2015-01-26 23:31 | 今日の出来事

出汁の取り方を、お金を出して習いにいくのか。

家庭料理をわざわざ習いにいく人が増えているのだそうだ。

料理教室というと、昔は嫁入り前の人が行くか、
パンだのフランス料理だの、普段家で作らない料理を習うか、
そういったものの方が需要があったのだけど、
ここ最近は、「家庭料理」を金を出して習うんだって。

出汁の取り方、とかだよ。

これだけインターネットが発達して、
たいていのことは自分で調べられるようになったのに、
しかも無料で。
わざわざ出汁の取り方を、金を出して習いにいくのかと思ったら
なんだか、お金や時間の使い方の感覚が
昔とは違ってきてるのかなあと。

たぶん、学校の調理実習でもやってるし、
親が家で食事を作る人ならば、
教えるまでもなくやっていたことだと思うけど、
インスタントの出汁で育ったのかな。

自分の子どもが、わざわざ家庭料理を習いにいってたら
とても恥ずかしいと思うな。
私は、そんなことも教えてこなかったのか、と。

食べることは生きること。
人は、食べたものでできてるんだから、
食事はとても大事だと思っている。

栄養とか、カロリーとかも大事なんだけど、
自分が口にするものがどうやってできているのか、
どうやって作られているのか,を知っていることは
とても大切だ。

だから、性別問わず料理はした方がいいと思っている。
もう、料理=女性の仕事、じゃないだろう。
かといって、男なのに料理できるんだぜ、的に威張るのもちょっと違うと思う。

生活の一部として、できて当たり前、にならんと。

白身魚の○○風、みたいな普段食べない料理はどうでもいいとして、
ちゃんとご飯が炊けて、みそ汁くらい作れるように
教えてあげないといけないよなあ。
e0045474_23585143.jpg

[PR]
# by kahohime | 2015-01-14 23:59 | あれこれ、思うこと



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル