日々の泡

<   2010年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

おせち作り

今年のおせちは、
黒豆、
田作り、
栗きんとん、
お煮しめ、
煮豚、
紅白なます。
あとは、買ったかまぼこ、
数の子など。

お雑煮のスープは
今、鶏ガラからとっているところ。
息子の大好きなあんこはこれから炊きます。

おせちって、買うと食べない食材もけっこうあるから
好きなものだけ手作りしています。
「我が家のお正月」っていうのを
子どもたちの中に残したくって。
大人になったら、うちのおせち料理を
懐かしく思ってくれるかな。

そう思いながら、
今年も残すところあと数時間、
おせち作りに精を出します。
[PR]
by kahohime | 2010-12-31 15:53 | 日々の楽しみ&幸せ

正月食材の買い出し

お雑煮の具、
おせちの材料、
休み中のおやつ、
みかん。

明日は生そば、
ドリンク類、
すき焼きのお肉。

短い正月休み、
たっぷり楽しまないと。
[PR]
by kahohime | 2010-12-30 15:39 | 今日の出来事

年末の古本屋

今日は買い物のついでにブッ○オフに寄ってきました。
本はいつも大量のストックがあるのですが
もう一度読みたい!と思わない本は
じゃんじゃん売りにいかないとスペースがない!
と、今日も本やDVDを売りにいきました。

いつもなら、10分、
かかっても15分くらいで呼ばれるんですけど
今日は20分以上かかったなあ。
すごく混んでたんです、売る人がいっぱいいて。
大掃除したから、これ売ってこよう!と思う本が
たくさん出てきたんですかねえ。

本は、本来は財産ですからね、
あまり売りたくはないのですが、仕方ない。
欲しいと思い続けて、実際買おうとすると
もう手に入らなかったりするからね。
今は本もCDもスパンが短すぎる。
すぐに廃刊、廃盤になっちゃうから。

大きめの本棚はあるのだけど
それでも夫と私、娘の本などとなると
結構な量になる。
仕方がないから売りにいく。

でも・・・売った分くらい買ってきたら、意味ないか。
[PR]
by kahohime | 2010-12-29 17:04 | 日々の楽しみ&幸せ

年末年始の唯一イヤなこと

楽しい年末年始。
だた、唯一イヤなことがある。
それは、車の事故のニュース。

たいてい帰省の途中だったりして
つまりは家族連れが多い。
しかも、小さな子どもが犠牲になったりする。
お正月を家族で迎えようとした矢先、
もしくは、家族で楽しんだ、その帰り。
毎年のことだけれど
こういったニュースだけは
聞くのがイヤだな。

だからといって車に乗るのをやめよう、なんてことは言わないけれど
どうにかならないのかな。
乗る方も歩く方も、
みんなでマナーを守れば
もう少し事故を減らせると思うのだけれど。
誰のせいでもなくて、
どうしようもなかったときだけ「事故」というのでしょ。
スピードの出し過ぎとか、横断歩道のないところを渡るとか、
ましてや酒を飲んでいて運転するとか。
そういうのは「事故」とは言わないと思うんだなあ。
「殺人」もしくは「自殺」というのが正しい。
そうするつもりはなくても
そんなことをすればどうなるのか
いい大人ならわかるでしょう。
[PR]
by kahohime | 2010-12-29 01:08 | あれこれ、思うこと

いよいよ、お正月〜!

今日は仕事納めでした。
明日からいよいよお正月モード。
とはいっても、特に予定は入れていないので
ゆっくり過ごします。
あ、明日は忘年会第2弾だった。

明日は大掃除して、
あさっては正月食材の買い出し。
おせちの用意です。
買ったおせちって、食べないものけっこう入ってるでしょ。
だから、食べたいものだけ作ってお重に詰めます。
お重に詰めると、たいしたものでなくてもごちそうに見えるから素敵♪
我が家のお正月は、餅焼いたり茹でたりして食べて、
雑煮も食べて、おせちも食べて、
合間にケンタッキー食べて、
仕上げにまたおせちを食べて
だらだらと過ごします。
元旦は午前中に近所の神社に初詣。
それ以外は、テレビ見てぼーっとしてるかな。
たまに本読む。
漢字パズルする。
裁縫する。
撮りためたDVD見ながら編み物する。

とにかく、幸せなお休みです。
[PR]
by kahohime | 2010-12-28 22:20 | 日々の楽しみ&幸せ

読書メーター

読書メーターっていうサイトを見つけて
ここにもブログパーツ貼ってます。
自分の読書の記録をつけていけるサイトなんですが、
なにがおもしろいって、
自分と同じ読書傾向の人を探せたり、
自分と同じ職種の人が
どんな本を読んでいるか、知ることができるんですね。
これ、おもしろいですよ。
自分と同じ職種(事務職)とはいっても
読書傾向は全く違うわけでしょ。
へえ、こんな作家、こんな本もあったんだ、って
発見することがたくさん。

いやー、『このミス』を読んだりするといつも思いますが
本て、たくさんあるんだよな〜。
面白そうな本がこんなにたくさんあるのに
とても読み切れないよ〜!!

このサイトでも、たっくさんの本がちりばめられていて
私にとってはまさに宝石箱。
読んだ感想なども書いてあるので、参考になります。
Amazonなどでもレビューは読めるんですけど、
この本!と当たりを付けて探さないとだめでしょ。
それと同じジャンルのものとか、それを買った人が興味を持ってる本はわかるけど
自分が読んだことのない作家を探したりするのは難しい。
だから、このサイトで初めて見た作家もけっこういたりして。
新しい本を発掘するにはなかなか良い。
いろんな人の感想を見ているのも楽しいし。
読書好きにはたまらないサイトです。
[PR]
by kahohime | 2010-12-27 22:31 | 日々の楽しみ&幸せ

恋せよ、乙女!

今日のお昼、吉祥寺のサイゼリヤで食べました。
いやあ、まずかった・・・
ひどい目に会った。
他のサイゼリヤで食べたときは、これほどまずいとは思わなかったが。
あの値段でも高く感じる。

食事中、隣の席に女子高生が二人座っていた。
何やら真剣に話している。
あまりの食事のまずさに
つい隣の会話がちらちらと耳に入って。

よくは聞こえなかったが、
どうやら恋愛話を真剣にしていたらしい。
片方の子がふられたのか、うまくいかなくなったのか、
「あんなの、こっちから願い下げだよね。」という言葉が耳に入った。
二人とも表情が真剣だ。
真剣にあーでもない、こーでもない、と話し合う二人を
なんだか、とてもかわいらしく思えた。

そうそう、このくらいの年齢のときは
いっぱい悩んだ方がいい。
後から考えたら、なんで私あんなことで悩んでたの?とか
なんであんなくだらないことを真剣に話してたの?と思うことを
たくさん悩んで迷ってください。
その時にしか悩めない悩みってきっとあって
それをたくさん経験している方が
楽しい大人になれる気がするんです。

だから、自分たちの”今”を真剣に生きてる彼女たちが
かわいいな、と思った。
明日になったら忘れてるかもしれないけど
そんな小さなことでもいっぱい悩んで
真剣に考えて。
それがきっと、明日の自分を作るもとになる。
[PR]
by kahohime | 2010-12-26 22:41 | 今日の出来事

あるようで、ない

今日は吉祥寺の大きな本屋さんへ
家族で出かけました。
中国語関連の本を探しにいったのですが
あるようでないんだなー、
繁体字の本。
大陸では簡体字を使いますから
「中国語」といったら
簡体字なんですね。
私が中国とを勉強しているのは
ジョセフ・チェンとアリエル・リンの
『イタズラなKiss』を原語で見たいから。
聞き取ってわかるようになるまではかなりの時間を要するので
とりあえずは字幕に頼って見たいと思っていますが
簡体字で中国語を勉強してしまうと
繁体字が読めなくなるのでは!?と思うのですよ・・・
だって、同じ漢字なのに
全く違って見えるものもあるんですもの。

とりあえずは台湾語関連の書棚で
中国語に関する本を探して
何となく参考になりそうなものを見つけてきました。
「台湾語」はあるんだけど
「繁体字を使った中国語」の本て、少ないんだなー。
香港や台湾なんてアジアでも映画や芸能が盛んな国なのに
もっとそこの国の言語に関する本があってもいいのになー。
[PR]
by kahohime | 2010-12-26 14:25 | 日々の楽しみ&幸せ

こころの底から君が好き

産まれた時には、無事に産まれてくれたことに感謝して
それ以外のことなんてどうでも良かったはずなのに
学校へ上がると、やはり勉強の出来具合が気になったりする。
こまごまとした注文を付けるようになる。
親というのは、なんて勝手なものだろうか。

私は子どもができにくかったこともあって
娘が産まれた時には本当に嬉しかった。
この子は存在しているだけで価値がある、
この子がここに生きていること、
それ自体に意味がある、と思っている。

もちろん、成長するにつれて
覚えていかなくてはいけないことがたくさんある。
勉強もしないといけない。
だから、勉強なんてできなくてもいいよ、健康ならさ♪
なんて、能天気なことは言わない。

将来、きちんと独り立ちして
自分の力で生きていけるようになってほしい。
そう思えば思うほど、
今のままじゃだめ、あれも、これも、と
私の方が視野が狭くなっていたかもしれない。
気がついたら、娘本人としっかり向き合うことを忘れていたような気がする。

生きていく上で大事なことを教えるのは私の役目。
そして何より、生きていくことは楽しいよ、と教えるのが
私たち親の役目。
そのために何をしなければいけないか。

子どもときちんと向き合うこと。
子どもをしっかりと見つめること。
そして、あなたが好きだよ、という気持ちを伝えること。
これだけだ。

ようやくそのことに気がついたら
少し肩の力が抜けた。

それで、思い出した。
私、この子が大好きなんだって。
娘のことが大好きなんだ。
なんか、忘れてなかった?そんな大事なこと。
宿題やってなかったといっては怒鳴り、
学校に忘れ物したといっては怒鳴り。

もちろん、それも大事なことだ。
自分の身の回りのことはきちんとしてほしい。
自分のことは自分でできるようになってほしい。

だけど、怒る時には
「あなたのことが大好きなんだよ」という気持ちがないとだめじゃない。
それを忘れていた。

私はなんで娘が大好きなのかって、
理由なんてなくて
ただただ、好き。
勉強ができるとか、かわいいとか
そんな理由づけはいらない。
この子の全部が好き。

私、この子がほんとに大好きだったんだ、って
今思い出せてよかった。
でなきゃ、大きくなるまでずっと怒鳴り続けて
何のための怒っているのかも忘れて
誰に怒っているのかもわからなくなっていたかもしれない。

毎日、娘をぎゅっと抱きしめる。
抱きしめさせてもらえる幸せを
今日も噛み締める。
[PR]
by kahohime | 2010-12-25 21:39 | 子育ては楽しいですか

通知表なんて、くそくらえ。

昨日は娘の終業式でした。
通知表を持って帰ってきました。
本人としては、満足できた部分とそうでない部分とあったようですが
私は、1学期に引き続き
2学期も欠席日数ゼロだったことが嬉しかったです。
健康で毎日過ごせてよかった。
ほんとにそう思いました。

学校の通知表は飛び抜けていいわけではないけれど
やっとそれが気にならなくなりました。
ようやくわかった。
この子は勉強が嫌いなのではなく、
自分の興味を引くものにはものすごく集中できるけど
つまんない、と思ったらとたんに集中できなくなるだけだと。

塾に行かせたのは、成績を良くするためというよりは
勉強の楽しさを知ってほしかったから。
これは効果があったように思います。
なぜなら、塾の先生の評価はとても良く
塾の試験もできは素晴らしいからです。
塾の試験というのは難しく、
あてずっぽうや勘でできるものではありません。
ここまでしっかり考えて問題が解けるのであれば
頭が悪いということではない。
ではなぜ学校の先生の評価は今ひとつなのか。
授業で集中できないのはなぜか。

それはきっと、先生の授業がつまらないからです。

私も子どものそうだったからわかります。
面白い授業はちゃんと聞くんですよ、どんな分野の話でも。
私は文系科目が好きでしたが、
つまらない授業は嫌いでしたので、一切聞かなかった。
そんなつまらない、程度の低い授業であれば
自分で教科書読んでも勉強できる、と思っていたから。

さすがに小学生で娘がそこまで思わないでしょうが
本能的にわかっているんだと思います。
教え方のうまさと下手さの違い。
塾の先生は教えるのが上手です。
個々の生徒の性格も良く把握し
どう教えれば彼らの興味を引きつけられるのか知っています。
だから娘は、塾ではよく勉強してくるし、
「今日はこんなこと教えてもらった!」と
ちゃんと報告してくれるんです。

学校の個人面談のおり、
塾ではしっかり集中して話を聞いて
成績もいいんですけどね、と言ったところ
「どんな場所でも集中できるようにならないと、ですよね」
と言われましたが、8歳の子どもにそれを要求しますかね。

だからね、学校の先生たちよ、
集中力がないとか話をちゃんと聞かないと
子どもたちを責める前に
自分の話に実があるかどうか考えてみなさいよ。

子どもは正直なんだから。
[PR]
by kahohime | 2010-12-25 14:54 | 子育ては楽しいですか



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル