日々の泡

<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ヘアサロン、どうやって選ぶ?

ヘアサロン選びは重要です。
女は前髪一つで1日の気分が違う生き物。
どうせ誰も見ていなくたって、自分の思った通りのヘアスタイルができないと
外を出歩くのもいやになります。

私が今お世話になっているヘアサロンは、通いはじめてもう10年以上になります。
最初は職場の先輩に教えてもらって行ってみたのですが
これがバッチリ私のつぼにはまって、もうここ以外には行かない!と決めたのでした。

正確に言うと、ヘアサロン自体に魅力があったというよりは、
美容師さんの腕が良かった、ということですね。

ヘアサロンを選ぶとき、何が一番気になりますか?
雑誌に載っているような有名店?
値段?
流行を取り入れているか?
私は、私の思った通りの髪型にしてくれるかどうか、です。

髪型を口で伝えるのは意外と難しくないですか。
雑誌の切り抜きなんてもっていくのは恥ずかしいし、
だいいち、雑誌に載っているモデルさんや芸能人と自分の髪質も同じじゃないし、
何より顔かたちも違う。
同じになるはずがない。

そう、髪質。髪質が問題なんです、私。
くせ毛でネコ毛。
コシがない。
だから、ソバージュはよくかかるけど、ストレートパーマはかからない。
そんな毛だから、自分が思い描いた髪型が実現できるのか、
自分でもわからない。

本人がよくわかっていないものを口で伝えて伝わるのか?
今のヘアサロンを見つけるまで、もちろんいくつか行ってみましたが、
どれもピンとこなかった。
私のイメージ通りにならない。
まあこんな毛だから、美容師さんも私の言った通りにするのは大変だったでしょうが。

それが今通っているヘアサロンの美容師さんは、
まさに思った通りにカット、ブローしてくれたんです。
それからはもう浮気せず、ずっとそのヘアサロン
今でも、「くせ毛を生かして、手入れが楽な髪型」なんて抽象的な注文でも
私の髪質と顔にあった髪型にしてくれるので大満足です。

ひとりひとりにあったきめ細かいヘアサロンのようなヘアケア製品、
それがケラスターゼです。
私は”傷んだ髪用”のヘアケア製品といったイメージがありましたが
それだけでなく、くせ毛、乾燥毛、頭皮のケアなどにも力を入れてるんですね。
ケラスターゼのサイトでは、ヘアケアのQ&Aやサロン検索などもありました。
ヘアエステのようなヘアケア、というとサロンもさぞかし高かろう・・・と思い
うちの近所にあるのかしら、と検索してみたら
なんと、あった。
しかも、料金はかなりリーズナブル。普通の美容院と変わりませんでした。
なんだ、こんな近くにあるんだったら行ってみようかしら・・・

ただし!
私のサロン選びの基準は”自分のイメージ通りの髪型にしてもらえるか”なので
私の髪質にあったヘアケアをしてもらえる、というのは魅力ですが
どうしようか考え中。
たとえばお正月休みとか、しばらく人に会わない時期に行ってみるのがいいかもしれませんね。
仮に失敗しても、1週間あったらなんとかなるでしょう。

ちなみに、ケラスターゼのサイトは「ケラスターゼ モバイル」でも見ることができるようです。
ああ、髪が切りたい・・・なんて突然思うことがあったら
携帯で探してみるのもいいかもしれませんよ。


 
[PR]
by kahohime | 2009-12-26 22:38

来週の今日は・・・

ほんとにあと1週間でお正月なのでしょうか。
全く実感がわきません。
だって、ついこないだ、長い正月休みを楽しんだばかりのような気が・・・。

今年のお正月休みは短くてつまらない。
おせちのメニューを考えて、買い出しに行って作って食べたらもう終わりじゃない!

しかも、仕事始めが月曜日。
・・・なんだか、損したような気がする。

ここはしっかりと計画を立てて
有意義に”ゆっくり”すごせるようにしなくては。

やはり私は日本人。
浮かれ気分のクリスマスよりも、大晦日とお正月が大好きです。
今は年始からすぐにデパートやスーパーが開くけれど、
昔は最低3日はどこのお店も閉まってたっけ。
不便だなあと子供心に思ったけれど
今となってはあの閑散とした街の風景のほうが
正月早々初売りでにぎわう街よりも好きかな。
出歩いているのは初詣に行く人や、親戚の人の家にいく人だけ。
どっこもお店開いてないから
面白いのかどうかわからないけどとにかく毎年やっている正月番組をみんなで見て
お年玉の使い道をあれこれ考えて
デパートが早く開かないかしら、とのんびり過ごしていた頃がなつかしいです。

我が家は今年も、家でお餅を食べ、初詣に行き、
みんなでのんびり過ごすつもりです。
[PR]
by kahohime | 2009-12-25 22:32 | 日々の楽しみ&幸せ

いつか大人になっても

上の娘は小学2年生です。
私が小学生になった頃は、一人で学童から帰ってきていたし
家の鍵を開けて、親が帰ってくるまで留守番していました。
娘は、留守番は大丈夫ですが
まだ一人で鍵をもたせて学校や学童から帰ってこさせたことはありません。

とにかく、心配なんですよね・・・。
塾の冬期講習も年末と年始とどちらかを受ければ良いのですが
年末だと午後の講習になるため、学童で午前中過ごして
午後塾に行ったら、中途半端な時間で帰宅しないといけない。
3時頃に一人で帰ってきて鍵を開けてお留守番。
できなくはないでしょうが、万が一鍵をなくしたりして
家に入れなかったらどうしようかしら、
帰ってくるはずの時間に帰ってきてなかったらどうしようかしら。
そんなことを考え出したら、やはり午後の講習は無理。
午前中に受けさせて、午後は学童。この方が安心。

いつかは一人歩きをしなきゃいけないし、
学童だって3年生までしかない。
自分が子供の頃を考えれば、それほど心配することはないのでしょうが
あれこれ悪いことばかり考えてしまいます。

なあんて、たぶん娘がいくつになっても心配なんでしょう。
大人になっても、同じような心配をしてるんだと思います。
車に気をつけて、
おかしな人に気をつけて。

私の親も、同じ思いなんでしょうね。
親にとっては、子供はいくつになっても子供です。
[PR]
by kahohime | 2009-12-22 00:28 | 子育ては楽しいですか

愚痴代わりに

仕事を終えて、ぱーっと飲みに行きたい日もあるけど
子供がいてはそうもいきません。
もちろん、早く帰って子供たちの顔を見たい!と思う気持ちが一番強いですが
たまには思いっきり愚痴をこぼしてすっきりしたいこともあります。

自分の中に、あれこれ鬱憤をためておくと
なんだかそれに浸食されてしまいそうな気がするんです。
早く吐き出して、もっとキレイなもので心を満たしておかないと
なんだかからだの中が灰色とか黒とかに
変色してしまいそう・・・。

子供たちの笑顔を見る、
録画しておいた好きなドラマを見る、
たまってるDVDを見る、
何でもいいから、気持ちを切り替えることが大事ですね。
特に嫌なことがあった日は、できるだけ次の日に持ち越さないように
なるべく早く嫌なものを捨て去ることが大事。

その方法の一つとして、ブログはなかなかいいツールだと思いませんか?
書くことは話すことと同じくらい
自分の感情を落ち着かせることができます。
話すか書くかの違いで、
自分の言葉を外に吐き出すことは同じ。

文章がヘタでもいいの、
とにかく自分の気持ちをあれこれ書き連ねることで
発散できることもありますよ。

毎日夜中に帰ってくる夫に
愚痴ばかり聞かせるのも申し訳ないしね。
ブログは私の愚痴の聞き役、というところでしょうか。

便利なツールがあってよかったわ。
でないと今頃、爆発してるかも、私。
[PR]
by kahohime | 2009-12-18 00:30 | あれこれ、思うこと

子供の命と自分の命

子供の命と自分の命、どちらが大事かときかれたら
迷わず子供の命と答えます。
親は皆、そういうものだと思っていました。
でも、そうでもないんですね。

昨日、職場の同僚の女性4人で早めの忘年会をしました。
どういう流れか忘れましたが、子供のためなら死ねるよね、
子供の命と自分の命のどちらかを選ばないといけないとしたら
間違いなく子供の命だよね。
そんな会話になったとき、家事嫌いの後輩が
「自分の命に決まってるじゃないですか。
子供のためになんて死ねませんよ。」
というので心底驚きました。

加えて、子供がどう育とうと自分に責任はないし、関係ない。
親はなくとも子は育つというから、ほっといても育つでしょう。
そんなことばかり言うので、頭が痛くなってきて・・・。

人の価値観、考え方は本当にいろいろなんですね。
でも、子育てに関して親に責任がない、と思っているのは驚いた。
子供の命が二の次なのも驚いた。
私が産んだからってどうして私が責任もたないといけないんですか、と
聞かれたことも驚きました。
「だって、どんな子が産まれるか親には選べないんだし。」だって。

それは、子供の台詞ですよねー。

そこまで責任もてないというなら、子供産んじゃいけなかったんじゃない?
と聞いたら、
「そうですねー、子供のない人生もありだったかな−。」
と、何とも罰当たりなことを。
子供が聞いたらどう思うかしら。

まあ、子供が欲しいと思ったのも、
結婚したときは別に欲しくなかったけど
友達だか親戚だかの子供を見て”かわいい”と思ったから、と言っていたので
ペットみたいな感覚なのかしら。

まあ、そういう考え方もあるんだ、と
理解できなくはないけれど、
要は自分が一番かわいいという事でしょう。
でも、まったく共感はできないですね。
人として尊敬もできません。

いざとなったときどうなるか、それはわかりませんよ。
彼女が危機に遭遇して、子供の命を優先するかもしれないし、
私が自分の命を優先するかもしれない。
それはほんとにわからない。

でも、めったにそんな状況には遭遇しないのだから、
その”心構え”みたいなもの、あるとないのでは
日々の暮らしの中で、態度や言葉の端々ににじみ出るのではないかと思うのです。
あなたが一番大切なのよ、という気持ちです。
これを伝えてあげることが、親の役割だと思うのです。

まあ、他の家庭のことに頭を悩ませる必要もないのですがね。
私は私で、子供たちを守っていくだけだから。
[PR]
by kahohime | 2009-12-13 17:13 | 子育ては楽しいですか

ほっとする休日の朝

金曜日の夜は楽しい。
なぜかって?
目覚ましをかけずに寝られるからですよ!
それと、朝ご飯とお弁当のメニューをどうしようか考えなくてすむから!
だって明日は休日じゃない!

元々私は、朝はパン食でしたが、
結婚してから夫がごはんがいいというので
すっかり米党になりました。
人は変われば変わるものですね。
実家にいる頃は朝から米なんて考えてられなかった。

それでもやはりパンは食べたい。
なので、休日だけはパンを食べています。

白いご飯がメインだと
おかずが必要でしょう?
ご飯に納豆だけというわけにはいかないもの。
でもパンなら具だくさんのスープだけでもOKかしら、なんて。だって、週末くらい手を抜きたい(≧▽≦)ゞ
もしくは卵料理とソーセージくらいかしら。
野菜もつけたいところですが
それは夕食で勘弁して!

ということで、今朝も超手抜きでしたが
平日頑張っているのよ、たまにはいいわよね。
(ホントに平日頑張ってる?)

だって、仕事や家事や育児に夢中になったり
頑張ったりできるのは
じぶんなりの゛ほっとする瞬間゛があるからじゃないかしら。
それが私の場合、休日のゆったりとした朝なのです。
[PR]
by kahohime | 2009-12-12 14:47 | 日々の楽しみ&幸せ

寒かった・・・

今日は1月並みの気温だというのに、雨。
雨、雨、雨。

朝はまだ小降りで良かったけど
帰りは風も強く、また、雨粒も大きくなって
寒いやら、冷たいやら。
今日は金曜日だから、学童ではなく塾までお迎えに行かなくてはならず
遠い上に、カッパ着て迎えにいくのも恥ずかしい・・・。
だから雨は嫌なんだー!

私は自転車通勤なので、雨の日はカッパ隊になるのです。
1年通して、雨の日はカッパ隊です。
子供の送り迎えがあるので、歩きでは無理なのです。

ちょっと前までは、がんばって
娘を自転車の後ろにのせ、さらに、息子を保育園に迎えにいって前に乗せ、
自分の荷物と息子の荷物はそれぞれ両方のハンドルに、
娘のランドセルは後ろのいすの背もたれに、
総重量は何キロになるのよ!?というくらいの重さだったと思いますが
自転車がよくもってくれました。
その重みで運転するのもだんだんつらくなり、というかですね、
しっかりと力いれてこいでないと、すぐふらつくんですよ、重みで。
だから怖くなって、娘を先に家に送り届け
留守番させておいて息子の迎えにいくことにしたんですけれども
それはそれで移動距離は長くなるし、時間もかかるので大変なのです。

特に、今日みたいな雨の日は。

今日はきっと、帰ってきたら疲れて立つのも嫌になるに違いない、と思い
朝からお風呂をセットして仕事に行きました。
帰ってきたら、ほんわか、あったかいお風呂がわいてるの〜!!

冷えきったからだを湯船に沈めると、
心の底からほっとしますね。
寒いとからだもつらいし心もわびしくなるけど、
あったかいってこころをほぐしますよね〜。
生き返りましたとも。

からだをあっためると、不思議と気力もわいてくるもので
雨にぬれながら自転車をこいでいたときは、
今日はほんとに疲れたから、何かおかず買ってきたかったのに〜
雨だから買えなかったよ・・・とがっかりしていたのに
お風呂から出たら「おかあさ〜ん、おなかすいたよ〜!」の声にもうひと頑張り、
チャーハンとスープを作って
子供たちと楽しくごはんを食べました。

寒いだけならまだ我慢できるけど
ぬれるのは嫌(━_━)
[PR]
by kahohime | 2009-12-11 22:13 | あれこれ、思うこと

忘年会は、どこにしましょうか

今年のカレンダーもあと1枚になり、年の瀬に向けて
慌ただしさも増してきましたね。
日が暮れるのも早くなり、いよいよ今年も終わりだなと実感する今日この頃。

年末といえば、忘年会。
特に忘れたいことがあるわけじゃありませんけれど
やっぱりこれをやらないと、1年終われない!

今年は職場の同僚の女性のみで忘年会をする予定です。
職場全体の忘年会はありますが、子持ちでは平日参加できないので
土曜日に有志で集まることにしました。

言い出しっぺが私だったので、私がお店を探すことに。
今回利用したのは『フームー』というサイトです。
リクルートのクーポン紙「ホットペッパー」がリニューアルして
日本最大のグルメサイトになりました。
ネット限定だとか、女性限定なんて特典がいろいろあって迷いましたが
候補を2つほど選びました。

ひとつは「島人」という沖縄料理のお店です。
こちらは何度か利用したことがあるのですが、気取らない雰囲気のお店で
価格もリーズナブルだし、なにより沖縄料理が美味しい!
私は塩味の沖縄焼きそばとソーキそば、島豆腐のチャンプルーが好きです。
沖縄のそばは少し平べったい麺で、食べごたえあり、です。
e0045474_9585392.jpg
「 写真提供:ホットペッパー FooMoo」



島豆腐は本土の豆腐と比べるとすごく固いんですよね。
豆がぎゅっと詰まった感じです。
だから、炒めても水っぽくならない。家では食べられない味です。
席も半個室風で(隣の席としきりがある)、
こじんまりした飲み会にはプライベート感があってよいのでは。
大勢のときには座敷もあるので、わいわいがやがや、もおすすめです。
飲み物は泡盛ももちろん美味しいですが、
私はいつもシークワサーのサワー。さっぱりして美味しいので
何杯でも飲めてしまう・・・。それで1度記憶をなくしたっけ。
今なら女性グループ限定でブルーシールアイスがついてくるようです。
女性は飲んだあとでも、甘いものOKですからね〜。

もうひとつは「日本一!ホルモン道場」。
こちらは行ったことがないのですが、写真を見る限り店内はまさに”おやじの憩いの場”。
ホルモンの写真がもう、ものすごく新鮮そうで、
焼く前からよだれが出そう・・・
ホルモンは300円台、焼き肉も1900円で食べ放題なんて
ほんと、お財布にやさしい♪
値段を気にせず、お腹いっぱい食べる、というのも楽しいですよね。
昔からホルモンは好きで、今こういうお店にいくと
はやりに乗るようで嫌なんですが、美味しいものは美味しいしね。
スープ、クッパ、ビビンパなど他のメニューも豊富なので
ぜひ足を運んでみたいです。
こちらは女性同士の場合、15%オフだとか。お得です。

このグルメサイト『フームー』では、
”幹事支援金 最大100万円キャンペーン!”を開催中です。
メルマガに登録するだけで、100万円が1名に、
1万円が100名に当たります。
この忘年会支援金100万円があれば、もうこわいものなし!?


[PR]
by kahohime | 2009-12-08 10:01

ナイスキャッチ!

昨日の朝のこと。
お弁当の仕込みも終わり、朝ご飯のしたくもできて
さあ、みんな起きて!と言おうと思ったら
子供たちが部屋から出てくる音が。
夫も同時に出てきたようで、さて、熱いほうじ茶でもいれて・・・と
急須に茶葉を入れようとしていたとき。

「おかあさ〜ん!」と、夫の呼ぶ声が階段の上から聞こえてきました。

なんだかただならぬ声だったので、急いで駆けつけると
もうすぐ3歳の息子が部屋を出たところで、立ったまま戻してましたw( ̄△ ̄;)w

苦しかろうと思い、背中をさすったりして、
とにかく全部吐かせてしまおうとしばらく様子を見ていましたが
2〜3分で落ち着いてきたようで、リビングにおりて横にならせていました。

熱は少し出たものの、吐いたのはそれきりで
翌朝起きたらものすごく元気だったので、治ったのかな?と思いましたが
今日は仕事もないし、保育園も休ませてゆっくりさせるつもりでした。

前日、ほとんどごはんを食べてなかったせいでだいぶおなかがすいていたんでしょう、
すごい勢いでパンと麦茶とオムレツを平らげた息子。
あんまり急に食べると、おなかがびっくりするわよ、と注意をしたのもつかの間、
急に泣き出しました。

「おかあさん、きっと吐くよ!」とお姉ちゃんも大慌て。
私も大慌て。
そばにあった、パンが入っていた袋をとっさに広げ、
息子の口の前に。

間一髪で、ナイスキャッチ!!
ぐびぐびとお茶を飲んでいたせいもあり、かなりの量を戻しました。

「くるしい〜〜!!」と涙だか鼻水だかわからなくなった液体で
顔をくしゃくしゃにしている息子を尻目に
「おお〜〜!全部キャッチしたぞ〜!!」と
自分の機敏さにひたすら感心する私でした。
これが全部床に飛び散っていたら・・・と思うと、ちょっとげんなりする量でしたから・・・
子供が苦しんでるのに、掃除の心配している場合か!!と
私の中の天使の声が少し聞こえましたけどね。

・・・もちろん、すぐに息子の顔を拭き、
だっこしてさすってあげましたとも。
[PR]
by kahohime | 2009-12-05 22:39 | 子育ては楽しいですか

毎日カップラーメンでも平気ですか

私の職場にいる派遣の人で、
けっこう年配の女性なんですが
毎日カップラーメンという方がいらして、
好きで食べてるのか、節約したいからなのかよくわからないけど
毎日じゃあ、飽きるわよね、と同僚と話していたところ。

「え〜、私平気です〜。」という後輩が。

え、だって、カップ麺だよ。
たまに食べたら美味しいけど、毎日は嫌じゃない?

「全然平気です〜。だって、いろんな種類があるし。」

種類ったって、化学の味には変わりないよ。

「え〜、いろんな味でおいしいですよ〜!」

そんな馬鹿な、と思っていたら
その女性の隣の女性も
「私も平気です〜。」と。

ちなみに後者は、以前にも少し書いた、
家事嫌い、子供嫌いの1児の母。

人の食生活がどうであっても、私には関係ないといえば関係ない。
あんたに迷惑かけてないでしょ、と言われればその通り。

しかし、食生活はからだだけでなく
確実にこころにも影響を及ぼすものです。
最近はやりの低炭水化物ダイエット、あれも度を超すと
鬱病の症状が出る、という警告記事を読みました。

そもそも栄養素の解明だってごく最近になって始まったものですから
それぞれの食材にどんな栄養素があり、
それがからだや心にどんな影響を及ぼすのか、ということは
まだまだ未解明の部分が多いわけです。
化学調味料や合成の食べ物ならなおのこと。
どんなものかわからないものは、できるだけ遠ざけた方がいい。

そう、カップ麺が好きで毎日食べている人の健康については
どうであっても私に影響があるものではないですから
好きにしてもらってけっこうなのですが、
それが人の親、まさに子育て中の人であれば話は別。
自分の勝手で子供にまでそんな食生活を強いて
その子のこころがまともに育たない、というのが一番困る。
うちの娘が迷惑を被っている相手なども
親がなげやりな人が多い。
”放任”と”無責任”を勘違いしている人です。
そんな人の子供に、うちの娘の人生を邪魔されたくない。

あなたが何を食べようと、
家事が嫌いでも、料理が嫌いでも、子供が嫌いでもかまわないけど
とにかく一人の人間をこの世に生み出した責任があるのだから
まっとうに育てる努力だけはしてくださいね。
最悪、食事がカップ麺でもいいさ、
愛情込めて作って、愛情を持って食べさせてあげてちょうだいね。

毎日カップ麺でも苦にならない彼女たちにそう言いたい。
[PR]
by kahohime | 2009-12-03 23:45 | それは常識ですか



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル