日々の泡

<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ノートン・ファイター

あやしい。
あやしすぎる。
全身黒づくめの、太ったもじもじくんのような男たち。
渋谷、原宿、池袋といった繁華街に現れ、
街行く人に悪さをする・・・

何のキャラクターかというと、
シマンテック社の『ノートン・ファイター公式ブログ』に出て来るウィルスたち。
シマンテックはPCのセキュリティ関連商品を扱う会社で、
そのイメージキャラクターが『ノートン・ファイター』というわけですが、
この公式ブログに出て来る動画のあやしいこと。
YouTubeの動画を取り込んでいるのですが、
画像の荒さが怪しさを増しています。
でも、イメージはよくつかめてる。

パソコンのウィルス対策なんて、
一般人の私にはあまり関係ないと思っていたんです。
ネットショップをやっているわけでもないし、
家のPCでそれほど重要な情報を取り扱っているわけではない。
職場のPCはそれなりに対策がとられているのだから
あまり気にしないでも大丈夫、と。

でもよく考えたら、よくしてるんですネットショッピング。
個人情報をた〜くさん流してるんですよね。
こんな無頓着な私のような危機感のない人間に
気づいたらこんなウィルスたちがたかってるんだろうなあと
ちょっと恐怖感さえ覚える動画でした。
ネット犯罪なんてどこか遠くの、
自分とは関係ないところで起きている出来事のように思ってましたが
あらゆるところにその危険はひそんでいるんでしょうね。

最初このブログの動画を見た時は、
はっきり言って「なんじゃこりゃ!?」と思いましたが
ネット犯罪の恐怖をイメージさせるために
あえてこんな風に雑に(!?)作ってるのかな、なんて深読みしたりして。

いずれにしても、そろそろ私も
家のPCのセキュリティ、ちゃんとしなくっちゃ、と反省しましたよ。


[PR]
by kahohime | 2008-06-30 22:41

仕事をするのは大変なのよ

先日の、PTAの会合でのこと。
ある学年では、人数が少なくて役員のなり手がない。
他の学年に兄弟がいたり、役員経験者や
仕事をしている人をのぞくと、その中から役員候補を出そうとしても
みんなやりたがらないので、どうするか、ということを
以前から話し合っている。

つまり、そんなめんどうなこと、やりたくないわよ、ということ。

私の隣にいた人は
「仕事してるとか、関係ないじゃない!」とのたまった。

おいおい、仕事をしてるということは
大いに関係あるのだよ。
今みたいに、平日の午前中の活動中心で
どうして仕事をしている人が役員なんかできるのさ。

不思議なことに、こういうことを言う専業主婦の敵意は
働く母のみにむけられて
自分の夫、もしくは人の夫にはむけられない。
実に不思議だ。
仕事を理由にPTA活動をしないのは男性も同じ。
私たちフルタイムで働く女性も、条件は男性と同じ。
なのに、彼女らが腹を立てるのは、働く女性に対してのみ、だ。
女の敵は女。

仕事をすることの大変さはやってみないとわからないだろうけど
こんなことを言っている人の夫は不幸だ。
きっと、夫の大変さも理解できないだろう。

もちろん、そういったことを理解してくれる方もちゃんといる。
(かなり少人数ではあるけれど)
そういった人たちと協力していければ
実のあるPTA活動ができるのになあと思う。
仕事をしているしていないに関わらず、
無理なくできる活動。
それであれば、父親も一緒にできるのだし
専業主婦の負担も減る。
いいことづくめな気がするが、なぜかそれは考えようとしないんだなあ。
[PR]
by kahohime | 2008-06-29 22:22 | PTA

胸を張れる大人になる

何か特別なことや
大それたことを成し遂げようという気はさらさらありませんが

子供たちが大きくなったとき
私を見て、「あんなおとなっていいな」と思ってもらえるような
大人の先輩でいたいなと思っています。

まねをしてほしいわけじゃない。
自分の目指す大人になってほしいと思うけれど
私自身が子供たちに胸を張れるように
しっかりと生きていきたいなと思うのです。

好きなことや打ち込めることがあって、
それは仕事でも趣味でもいいけれど
おかあさんはね、これが大好きなの、
これを一生懸命やってるのよ、と
子供たちに堂々と言える生き方がしたいな。

子供にあれこれ言う前に
自分がしっかりと自分の人生を生きていないと
説得力がないですからね(*^^*)
[PR]
by kahohime | 2008-06-25 00:41 | 日々の楽しみ&幸せ

ゆずひめ

子供が小さいうちは、なかなか夜飲みに行くなんてことはできません。
母だって、仕事のストレスを発散したいのに・・・
仕方がないから家で晩酌。
最近は、ビールをぐびぐび飲むよりも
自家製の梅酒をちびちび、のほうが好きです。
果実酒の優しい香りが大好きなんですが、
ちょっと気になる、心を癒すリキュール、その名も『ゆずひめ』。

ゆずっていうのは大人の味ですよね。
子供にはあのほろ苦さのよさはわからない。
私も子供の頃はあまりいい香りだと思いませんでした。

この『ゆずひめ』、なんと芋焼酎をベースに作られたリキュールだそうで
1本にゆず果汁が7個分も贅沢に使われています。
飲むのはもちろん、料理にも使えるらしい。

でも、そんなにフルーティなお酒なら、
やっぱりちびちびとゆっくり飲みたいですね。
ロックがいいかしら。
ソーダで割っても美味しそうだけど♪
つまみはそうですね、ゆずというだけに和食が合うかと思いますが
ここは中華あたりも良さそうですね。
それから、お酒にチョコレートって意外と合うんですよ。
美味しい高級チョコレートを少しずつ食べながら
ゆずひめをちびりちびり。
たまにはそんなゆっくりした時間を過ごしてみた〜い!


[PR]
by kahohime | 2008-06-24 21:34

トイレで漢字パズル

わたくし、子供の頃から便秘症で。
大人になったらさらにひどくなり、
何も対処しないと、週に1回くらいしか訪れてくれません。
週に1回って、月に4回ですよ。
わたしのおなか、いったいどうなってるんだか。

そんなわけで、トイレの滞在時間が長いんです。
以前は文庫本を持って入っていましたが、
今では漢字パズル。
パズル雑誌が好きなんですけど
じっくりやる時間はないんですね。
本は職場で昼休みに読んだり、
たまに週末一人でお風呂に入れる時に読めますが、
パズルに割く時間がなかなかなくて。
それで最近はもっぱらトイレなんです。

誰もいないし静かだし、
結構集中できますよ。

%u30C8%u30A4%u30EC%u3067%u8AAD%u3080%u306E%u306F%u3069%u3093%u306A%u672C%uFF1F | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8
[PR]
by kahohime | 2008-06-19 22:23 | 日々の楽しみ&幸せ

美味しいってシアワセ

私の疲労のバロメータ。
それは、食べたいものが浮かんでくるか否か。

仕事を終えて二人の子供を迎えに行き
帰宅してからは座る暇もなく夕食の支度。
だから、午後になるといつも、今日のご飯なんにしよ、と頭を悩ますのですが
元気なときはすぐに浮かんでくるものの、
疲れていると一向に思いつきません。
むしろ、食べずにそのまま寝てしまいたい、くらいに思います。

でも、そんな時こそ、
品数は少なくてもいいから、好きなものやおいしい!と思えるものを
作った方がいいんでしょうね。
1日の最後の食事がおいしいと
ああ、今日もがんばったなあとほっとするじゃありませんか。

そして何より、
美味しいものって、人を幸せにしますよね。
疲れた時こそ美味しいもの。
それで明日の元気がわいてきます、きっと。
[PR]
by kahohime | 2008-06-18 22:04 | 日々の楽しみ&幸せ

梅酒の梅

そうそう、梅酒の梅って
いつひきあげたらいいんだか、と思っているうちに
はや4年くらいかな。
今年こそ引き上げてジャムかなんかに加工しよ!

梅酒は腐らないと思ってましたが
腐るものは腐るんですね。
うちのは運良く、まだ飲めます。
時間がたつほど、味がまろやかになってきておいしいです。
子供たちが寝たあとに、おいしいお酒をほんの少し。
大人の楽しみです。

%u6885%u9152%u306E%u6885%u3063%u3066%u3044%u3064%u5F15%u304D%u4E0A%u3052%u305F%u3089%u3044%u3044%u306E%uFF1F | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8
[PR]
by kahohime | 2008-06-17 22:31 | 日々の楽しみ&幸せ

二言目には「民間では」

よく言われるんですけど、いろんな方が。
公務員に対して「民間では◯◯だ。」と。
たいていはつらいことを強いる時に言うんですね。
不景気になると急に思い出したように「公務員は〜」
などとあれこれ批判します。

でも、バブルの頃、
そんなこと言ってた人がいましたか。
金儲けに明け暮れてた民間人が
公務員のことなんて気にしてましたかね。

公務員はどんなにがんばっても
景気が良くなければ給料は上がりません。
どんなに無理してがんばっても
給料が税金だというその一点でもって
全て「当たり前」のように思われて
正当な評価をしてもらえないことも多いものです。

給料を減らす時だけは「民間」を持ち出して
じゃあ景気が良くなって、財政が持ち直したら
給料上げてくれるんでしょうか。
そんなことはないでしょう。

よく「欧米では」などと全く違う比較対象を持ち出して
日本の習慣などを批判する人がいますけど
それと一緒です。
民間人と公務員ではやっていることが違うんです。
全く同じに評価はできません。

もちろん、民間に学ぶことも多いでしょう。
だけど、都合が悪いときだけ「民間では」と言っても
誰が納得するでしょう。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by kahohime | 2008-06-12 23:44 | 問題意識

今からシミ対策

今まで全くと言っていいほど気にしていなかったシミ。
30代も後半となるとそろそろ気になりだします。
中国の医学書「黄帝内経」によると、
女性は7の倍数でからだに変化が生まれるのだとか。
28歳が一番充実しているらしくて、35歳では既に老化が始まるらしい。
こうなると、1日も早いケアが必要なんですね。

シミ対策に欠かせないのが『活血(血液循環を良くする)』と『補腎(生き生きとした新しい細胞を作る力を養う)』なんだそうです。
シミの原因は数々あれど、やっぱり表面的なケアだけでなく
中からキレイにするようにしないとだめなんですね。
女性ホルモンの低下などは、ある程度の年齢になれば仕方がありませんが
血液の循環をよくしたりするには、
からだを冷やさないとか、適度な運動をする、ということも大事ですね。
私はコラーゲンやビタミン類のサプリメントを取ったりしていますが
やはり一番大事なのは、”ストレスをためすぎないこと”です。
ストレスの全くない人なんていませんが、
たまったストレスは上手に吐き出していかないと、
ビタミンCがどんどん失われ、美肌とはほど遠い状態になってしまいます。

漢方薬の専門店『誠心堂』では、陰と陽に肌タイプをわけ
陰陽バランスを整える漢方エキスを配合した「爽肌精」トライアルセットを発売中。
漢方というだけでなんだか効果ありそうです。


[PR]
by kahohime | 2008-06-10 23:33

ジンギスカン奉行

うちの夫は、
鍋奉行ならぬジンギスカン奉行。
今日は午前中に、デパートでやっていた北海道展に
ジンギスカンの肉を買いにいきました。
目当てのメーカーではなかったのですが、
それしかなかったのでまあ仕方なく購入。

さあ、今日の夕食はジンギスカン!
だけど、テーブルで焼いて食べるのは危険。
1歳4ヶ月の息子はいたずら盛り。
やけどでもされたら大変です。

それで、キッチンでフライパンで調理してから出すことにしたのですが、
普段は料理なんてしない夫が
「いいよ、やるから。
テーブルの支度してよ。」と
全部やってくれました。

思えば、今までもそうだったっけ。
息子が生まれる前はテーブルで焼いて食べてましたが
その時も夫が全て取り仕切ってました。

ジンギスカンは北海道ではポピュラーな料理ですよね。
私は結婚するまで食べたことがありませんでしたが
夫は小さい頃からよく食べたんだそうです。
子供の頃はちゃんとしたジンギスカン鍋で焼いていたとか。
夫にとってはもしかして
ジンギスカンが特別な料理なのかしら、なんて思ったりして。
私の焼き方じゃ、どうも満足しないようなんです。

誰にでもきっと、
この食べ方じゃないとだめ!っていう
特別な料理があるんでしょうね。
私にとっての特別な料理は・・・・なんだろう。
[PR]
by kahohime | 2008-06-08 00:08 | 日々の楽しみ&幸せ



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル