日々の泡

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「はい」は1回でしょ!

最近の娘の口癖。
「はい、はい。」
その度に「はいは1回でしょうが!!」と怒っていますが、
今日は何度も言うので
ついには夫もキレました。

私も夫もそんなことは言わないので
友達の口癖でもまねてるんでしょうね。
その言い方はすごく人をバカにしていて、
言われた人はとても腹がたつし、
第一あなたが一番馬鹿に見えるわよ、と教えました。
[PR]
by kahohime | 2008-05-25 22:41 | 子育ては楽しいですか

全寮制のフィジー高校

高校生の頃、留学するなんてことを考えたこともなかった。
というよりも、仕事をして独立するまで
家を離れるなんてことすら考えたこともなかった。
大人になった今では、若い時にもっと外の世界を見ておけばよかったかな、とも思う。
将来就く仕事について、高校生の頃には既に決めていたから
いこうと思う大学や学部も決めていたし、
実際に自分で計画した通りにすすんできたから
別に後悔をしているわけではないけれど
多感な頃に海外での生活を経験しておく、というのも
楽しかったかな。

以前、フィジー留学について記事をここで書いたが
そのフィジー留学をサポートしているフリーバード
2009年1月からクアタ島という無人島に
全寮制の高校を設立することになった。

フィジーのいいところはなんといっても環境だ。
アトピーで通学できない子のため、
また、フィジーで進学できない子のためにこの学校を設立したとのことだが
汚染されていない空気と塩水で
1ヶ月もいると肌の状態がかなり改善されるのだとか。
確かに、塩水は肌にいい。
娘がひどい乾燥肌で、
掻きこわしては血を出し、またかゆくなり、
さらに掻きこわして悪化する、という悪循環を繰り返している。
薬を塗り続けないと大変なことになるのだが、
数年前、医者に勧められて海に行ったら
行ったあと10日くらいは劇的に肌の状態が改善された。
信じられないくらいつるつる、すべすべのお肌になって
かゆみがなくなっていたのだ。
だから、アトピーが重症で通学もままならないなんていう人には
もってこいの環境かもしれない。
試しに短期留学をして、自分に合っていると思えば
1〜3年の期間で入学できる。
在学中は日本の高校に在籍したのと同じ待遇となり、
2年以上在籍すれば帰国子女と認定される。

将来どうするか、大学受験はどうするかといったことに
悩む高校生という時期に、
脇道にそれるような留学という選択肢は
なかなか取りづらいだろうと思う。
実際私は考えもしなかったし。
ただ、私の娘や息子には、もう少し大きくなったら
人生にはいろんな選択肢があるということを教えてあげたいな、と思う。
そのひとつに海外留学を選んだとして、
自分の夢とか目標に必要なことなんだとすれば
喜んで行かせてあげたいと思っている。

・・・私が高校生の頃にも
こんな会社があったらよかったのに。

 
[PR]
by kahohime | 2008-05-18 00:22

給食の試食

先日、小学校で給食試食会というのがありました。
私たちPTAの主催で行い、空いている教室を使って
保護者が子どもたちの給食を食べる、というものです。

保育園時代、保育参観と同日に給食の試食もあって、
子どもたちが食べる様子を見ながら親たちも試食をさせてもらう、というものでした。
それだと、子どもたちがどうやって給食を食べているかもわかるし、
給食の味を確かめることもできるので
とても有意義なものと思っていました。

今回の試食会は、なにやら一大イベント風に
皆さん張り切ってらっしゃるのでどんなものかと思いきや、
食べる前に教頭や栄養士、調理師などの話を聞き、
その後話をしながら普通に給食をいただくというもので
アンケートの回収や報告書の作成なんかもするんですけど
わたしはどちらかというと、
給食は一人前もいらない(ほんとに試食でいい)から、
子どもたちが配膳している様子や食べているところを見てみたい、と思いました。
学校でちゃんとできてるかしら、とか
キレイに食べてるかしら、といったことの方が気になります。
まがりなりにも学校給食、そんなおかしなものを出しているはずがないでしょう。
一人前も食べなくていいですよ。

そのあとも反省会と称していろいろお話ししてましたけど
何のための試食なのかがよくわからなくって、
結局は何かイベントをやっているという自分たちの自己満足のような気がします。
「子どもたちの健全な育成」がPTAの目標なんだから
この試食会がどう健全な育成とやらに役立つのか
誰か説明して!って感じでした。

アンケートの結果を見てから考えますが、
来年はやらないか、やり方かえるかしたら?と言ってみたいです。
だいたいなんでもかんでも平日の午前中にやっていては
働く母も父も参加できないでしょう?
働く母が役員などの仕事を断ると、
自分たちだけ損をしている、というような不満を
おっしゃる専業主婦の方がいますが、
今年実際にPTA活動をしてみて、なぜ断られるかがわかってきました。
日時設定も主婦に合わせているものばかりだし、
活動内容、会議内容があまりに稚拙。
子どもじゃないんだから・・・とのど元まででかかることしばしば。
もしもそういった不満をお持ちの方がいれば、
まずは外の世界を見てみましょう。
それから、自分たちのやっていることの内容を見直してみましょう。
人に文句を言う前に、まず自分自身のやっていることを振り返ってください。
子育てや家事をしながら学校のこともやってるのよ!などと言う前に、
働く母は仕事をしながらそれをやってるんだということを考えてみてください。
[PR]
by kahohime | 2008-05-17 15:56 | PTA

慇懃無礼

私の職場に4月から入ってきた男性がいます。
正規の職員ではなくて、いわゆるアルバイトですが
歳の頃はそうですね、おそらく40代半ば。
少しメタボで、無口に見えるのですが・・・

普段は私が仕事を頼むこともないので、
今まで挨拶以外ほとんど話すことはありませんでしたが
今日、たまたま別室で一緒に作業する機会がありまして、
話すのはほとんど初めて状態だったのです。
無口なように見えて、まあ話し好きなんですね。
しかも、「慇懃無礼」という言葉がよく似合う方です。
友達でもないのに時たま私にため口になる。
同じ部屋の面々について、あれこれ批評をする。

男というのはあまりおしゃべりでない方がかっこいいんだなあと
つくづく思いました。
特に、周りにとけ込んでもいないのに
人の批評をあれこれするのはスマートじゃありませんね。
会話のキャッチボールができなくて
私は困惑するだけでした。
ある一定の年齢に達したならば、
相手の様子を見て察することもできませんとね。

こんな大人にはなりたくない、と思ってしまいました。
[PR]
by kahohime | 2008-05-14 22:53 | あれこれ、思うこと

ほんとにかわいそうなのは

小学生の娘が困っている。
斜め後ろに座っている女の子に毎日のようにいちゃもんをつけられている。
入学当初は隣の席だったのだが、
あまりにあれこれうるさいのと、
娘の前の席の子がお父さんの仕事の都合で海外に行っているため、席をずらしてもらった。

それでも、後ろからあれこれ言ってくるらしい。
後ろを向けば、「にらまないで!」と怒られる。
児童館で会えば「ついてこないで!」とわけのわからないことを言う。
まるで、通りすがりに肩が触れたと因縁をつけるチンピラのように
娘のやることなすことに文句を言うのだそうだ。

家で報告をしてくれるから、大変だったね、と労ったり
必要に応じて先生に話をしたりしているが、
ほんとうにかわいそうなのはその女の子なんじゃないかと思うようになって来た。

にらんでもいないのににらまれていると思うのは、
家でそういう扱いを受けていて被害妄想的になっているか、
はたまた相手の気を惹きたくて間違った言葉を使ってしまっているか、
そのどちらかではないかと思っている。
必要以上に他人に攻撃的になるのは
彼女自身の心に問題がある。
あれではきっと、学校に上がる前にも友達はいなかっただろうし
これからもできないだろう。

彼女のお父さん、お母さんは
このことを知っているんだろうか。
[PR]
by kahohime | 2008-05-12 21:47 | 子育ては楽しいですか

久々の花束

e0045474_22161669.jpg今日は母の日ですね。
夫から花束もらいました。
娘と一緒に「お母さん、ありがとう」って。

花瓶にたっぷりと入ったピンクのカーネーション、かわいいです。
私は花が好きなので、花束をもらうのはとても嬉しいです♪

こちらこそ、ありがとう。
大事にします。
[PR]
by kahohime | 2008-05-11 22:20 | 日々の楽しみ&幸せ

女だけじゃ、だめ

娘が小学校へ上がってはや1ヶ月。
毎日がんばってます。
私も、クラスでPTAの委員になりました。
フルで仕事してるのに!?とよく言われるのですが
やる気次第だと思って、手を挙げました。

何度か会合に出て思ったこと。
やっぱり、女だけ集まってちゃだめですね。
男性も女性も、働いてる人もそうでない人も、
いろんな人が集まらないと意見が同じカラーになってしまいます。
議論になりません。

話している内容があまりに小さい。
誤解のないように言っておきますが
私は専業主婦を馬鹿にしているわけではありません。
ただ、同じ環境の人がいつも同じ顔ぶれで集まっても
組織が固定化されてしまって
進歩がない。そう思うのです。

PTAの目的が子どもの健全な育成のため、というのであれば
父親も参加できる環境を作らなくてはいけません。
平日の午前中に集まってばかりでは、
働く母ですら参加できません。

本気で子どものことを考えるなら
もっとたくさんの人が意見を出せる場にしなくっちゃ。

ただ。
いきなり新参者があれこれいっても
誰も耳を貸さないでしょう。
今年はおとなしくみんなの観察です。
[PR]
by kahohime | 2008-05-07 21:39 | PTA



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル