日々の泡

<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

娘と腹筋

最近、夜寝る前に運動してます。
私が腹筋してたら
娘も一緒にやりたがり、
柔軟やら、腕立てやら、
それはもうやる気満々。

私が、今日は疲れたからこのまま寝てしまおうか・・・
と思っても、

「おかあさん、運動だよ、運動!」と
私をせき立てる娘。

おかげで、心なしかおなかが引っ込んだような。

一緒に続けていったら
夏には出産前の体を取り戻せるかしら。
[PR]
by kahohime | 2007-04-24 11:43 | キレイなからだ

楽しい週末

先週末はなんだか盛りだくさんでした。
石けん仕込んで、リンス作って、
娘のドレスの裁断して。
赤ちゃんのお世話もあるから
ゆっくりする暇なんかありませんでしたが
なんだか充実感のある週末を過ごせた気がします。
好きなことをしてるときって
忙しくても楽しいですね。
[PR]
by kahohime | 2007-04-23 13:53 | 日々の楽しみ&幸せ

寝返りしちゃったよー

息子は先週3ヶ月になったばかりです。
なのに・・・

寝返りしてしまった。

嬉しいけど
そんなに早く、成長しなくってもいいのになあ。

上の子は生後116日目でしたが
息子は95日目でした。
[PR]
by kahohime | 2007-04-17 18:18 | 子育ては楽しいですか

ありんこあたま

息子の後頭部に
ありんこができている。

そう、毛玉です。

首はもうほとんどすわっているので
1日中がんばって動いている。

それで、少ない髪がこすれて
毛玉になってしまっている。

夫も同時期に気がついたようで
二人で笑った。

毛玉ができるほど頭が動かせるようになったんだ。
ついこないだ生んだばかりのような気がするのに
日一日と成長しているんだね。

この大きさで抱っこできるのも今のうち。
[PR]
by kahohime | 2007-04-16 22:20 | 子育ては楽しいですか

悪いのは私たち

今日は娘を連れて、服を買いにいきました。
子どもって、幼児の間は毎年のように服を買わないと、
すぐに着れなくなってしまいます。
下の子がまだ小さいですからね、
以前のように好きな時に買い物に行くわけにもいかず
私がいくときは娘を連れて、夫が赤ちゃんの面倒を見ています。
夫が出かけるときはその逆です。

今日の帰り、娘がぶつぶつつぶやいている。
「つまんない。何にも買ってもらってない。」
いつもいつも、好きなものを買うわけにはいかないでしょう、
そういっても納得がいかないよう。
帰宅してから夫にそのことを言うと
「自分たちが街へ出たいから、それに無理矢理つきあわせてきた。
つきあわせているから、なんとなくその都度おもちゃを買ったりして。
この子は別に買い物になんか行きたくないのに。
だから、たまに何も買ってもらえないとつまらない、ってことになってしまう。
悪いのはこの子じゃなくて、俺たちだ。」

ハッとしましたねえ。
そうだ。
娘はいつも、公園にいこうとか
縄跳びしよう、鬼ごっこしよう、と
一緒に遊ぶことを望んでいるのですね。
だけど休日くらい買い物に出たいもんだから、
ついつい娘を連れ回してました。
このまま、でかければ何か買ってもらえる、なんて思うようになったら
それは大変。
恐ろしい大人になってしまいます。

そういえば、娘が生まれた年は、
デパートなどへ出かけることなんてほとんどしなかったっけ。
それは、小さい子にとって大事なのは
規則正しい生活、丈夫な体作りだと思っていたから。
大人の都合にあわせて、でかけてばっかり、
遊んでばっかり、なんてのが一番よくない、と思っていたから。
生活のリズムが崩れた時に限って
風邪を引いたりするんですよね。

それなのに、自分たちのポリシーを忘れて、
勝手につれ回しておいて、
この子はどうしてこんなわがままになっちゃったんだろう、なんて
ひどいことを考えていました。
反省、反省。

これからは、時間のある限り
娘と一緒に体を動かしたり、
絵を書いたり本を読んだりして、
遊んであげたいと思います。

今しか一緒になんて
遊んでくれないもんねえ。
[PR]
by kahohime | 2007-04-14 22:40 | 子育ては楽しいですか

今年こそ人間ドック

私の職場では、一定の年齢以上になると
人間ドックを受けることができます。
去年受診予定だったのですが、
妊娠したため受けませんでした。

今年はどうなのかと思っていたら
育児休業中でもうけられるとのこと。
早速申し込みました。

人間ドックの検査で、
どれほどの病気が早期発見できるのか
その効果のほどは正直わかりません。
まあ、安心を買いにいくといいますか
決して安くはないお金がかかりますが、
何もなければ一応は安心できますよね。

私は、母が乳がんを患ったので
婦人科系の病気に関しては注意をしています。
乳がんや子宮がんなどは自覚症状が出にくく
気づいた時には手遅れ、ということが少なくないので
婦人科の検診などすすんで受けたい代物じゃありませんが
まだまだ生きていたいですからね。

あー、そういえば
20代の前半頃なんて、病気の心配などしなかったなあ。
自分が「死ぬ」ってことすら
全く現実味がなかったと思います。

昨年、夫のひとつ上の先輩がガンでなくなりました。
私も机を向かい合わせにして仕事をしたことがある人なので
とてもショックでした。
優しくて、仕事ができて、すごくいい人だったのに。

それから、モーレツに病気が怖くなりました。
若いつもりでいても、体は確実に年取ってる。
十分注意していないと
病気に付け込まれるスキがあちこちにあるんだな、って
ぞっとしました。

幕内秀夫さんの乳がんに関する本を読んでから
パン食も基本的には週末だけのお楽しみにしました。

若い頃は、早死にしてもいいと思っていたのに。
むしろ、しわくちゃになって病気になって
自分ではトイレにも行けないようになってまで
生きていたくない、なんて思っていたのに
子どもを持った今では
1日でも長生きしたい、なんて思ってしまう。
不思議なものです。

ともあれ、初の人間ドックには
ちょっとドキドキ。
なんにも見つからないといいなあ。
[PR]
by kahohime | 2007-04-13 13:31 | キレイなからだ

一緒に料理

昨日は夕食作りを娘と二人でしました。
サラダとスープを手伝ってもらいました。

最初はたまごを割りたい、と言ってたのですが
たまごは使わない、と言うと
何かを切りたい、と。

うーん、じゃあ、人参切ってみる?

薄くスライスするところまでは私がして、
そのあとは好きなように切っていいよ、と渡しました。

うー、見てる方が怖い(*°▽°*);

そんなに急いで切らなくていいよ、ゆっくり、ゆっくり。

まあ、ちょっとくらい手を切ったからってどうってことはないし、
指が切り落とせるほど切れる包丁でもないもんで、
そばでちゃんと見てれば大事故は起きないでしょうが
やっぱり娘の血は見たくないですからね〜。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか
一心不乱に人参を切る娘。

自分が料理に参加したスープは格別おいしかったようで
珍しくおかわりしてました。

今日はホットケーキを一緒に焼く予定。
(夕食にホットケーキは多いに抵抗あるんですが・・・)
[PR]
by kahohime | 2007-04-12 14:26 | 子育ては楽しいですか

子育ては忍耐だ!

も〜、イライラする。
娘(5歳)がいうことを聞かない!

前ほどかまってもらえなくなって
さみしいんでしょう。
それはわかってます。頭では。

しかし、保育園から帰ってきて
寝かしつけるまでの数時間、
なんだかひっきりなしに怒っているようで
ちょっと自己嫌悪。

同じクラスのお母さんも
やっぱり上の子がわがままになって困った、って言ってたっけ。
わざと怒られるようなことばかりするって。
うちもそう。
親の言ってることくらいわかってるし、
自分で自分のことはちゃんとできる子なのに、
「お風呂入ろう」
「歯を磨こう」
などと優しく言っても返ってくるのは
「やだ」の一言。

3回くらいは優しく言えるのですが
それ以降は・・・
「いい加減にしなさい!!」とついつい怒鳴ってしまいます。

はー。
つくづく子育ては「忍耐」なんだなあと思います。
あんまり怒ってばかりいると
怒ってる自分の方が”小物”に思えてきます。

上の子をかまえば、赤ちゃんはビービー泣きわめくし。
こっちが泣きたいわい。

親っていうのは
気が長く、心が大きくないと
やっていけませんねえ。
[PR]
by kahohime | 2007-04-11 13:52 | 子育ては楽しいですか

なぜか時代劇が落ち着く

昼間は特に見たい番組もないのに
ついついテレビをつけてしまう。
ワイドショーなんて、どれも同じ話題ばかりで
続けて見てると、いつのニュースだったんだか
わからなくなるくらい。

それにくらべると、CATVの方がずっといい。
でもこれも、おもしろい番組は夜の方が多いんだなあ。
夕方から夜にかけてなんて、
子ども二人いたら、テレビを楽しむ余裕なんてないんだもの。

海外ドラマが好きですが、字幕版だとしっかりみてないと
筋がわかんなくなっちゃう。
そいで、何となくつけてるときは時代劇が多いのですが
なんというか、おもしろいというよりは落ち着くというか。

時代劇と言えば「勧善懲悪」でしょう。
たまにいい人が殺されちゃったりもするけど
悪人は絶対に退治される。
最後は切られるか「市中引き回しの上打ち首獄門」となる。

やっぱ、こうでなくっちゃね、と
筋があらかじめわかっていながら
その結果にうんうんと納得する。

今の世の中みたいに、
加害者がやたらと人権を振りかざす時代だと
よけいそう感じるのかも。
被害者は、本人の承諾なしに
写真が出回ったり、あることないこといわれたりしても
反論もできないのにね。

そりゃあ、あくまでドラマの中の話であって
実際江戸時代には善人はみんな救われたかっていうと
そんなことはないことくらいわかっちゃいるけど
予告をみただけでドラマのラストまで想像ついちゃうくらい
単純でわかりやすい時代劇みたいな世の中だったら
もう少し生きやすいのかな、なんて思ったりもする。
年くったか、私も( ̄ー ̄)。

日本人てのは、そうそう捨てたもんでもないと思うのだけど
なにしろメディアが悪すぎる。
毎日嫌なニュースばっかりで。
もう少し、「ちょっといい話」みたいなのを
どんどん放送してもらいたいものだ。
化粧をしてない中高生も、
夢を持って一生懸命働く若い人も
きっとたくさんいるのだから。
[PR]
by kahohime | 2007-04-09 13:31 | 日々の楽しみ&幸せ

桜吹雪とはよくいったもの

今日もあたたかくて気持ちがいいですね。
昨日もチビをベビーカーにのせて
当てもなくプラプラ散歩を楽しんできましたが
ソメイヨシノはそろそろ散り気味です。
川のそばの桜並木はキレイな花吹雪状態でした。

それにしても、「桜吹雪」という言葉を考えだしたのは誰なんだろう。
梅吹雪とか桃吹雪とは言いませんよね。
確かにこれらの花は、桜ほどハラハラとは散りませんが
桜の散り際にこれほどぴったりする言葉もありません。

私と息子の上にハラハラと散って来る花びらをみながら
ああ、やっと春が来たんだなあとしみじみ思いました。

日本人て、言葉の使い方が美しいですよね。
何かに例えたような言葉がとても多い気がします。
そして、細かくいろんな表現があるから
欧米人のように、派手なボディランゲージは必要ない。
日本語の、言葉や文字に込められた思いって
とても美しいと思うのです。
子どもたちには、そんな言葉をたくさん覚えてほしいな。

子どものためには、規則正しい生活、
今は特別なことなどせずに、健康管理をしっかりすることが大切だと
重々わかっていながら
あまりに単調な生活にちょっとストレス溜まり気味な今日この頃。
散歩くらいしか楽しみがないのですよ。
風邪がうつったら大変だから、
人ごみになんて連れて行きたくないし。
子どもを授かるということは、自由と引き換えみたいなところがありますね。
まあ、しばらくは仕方がない。

ソメイヨシノが散ったら
次は八重桜。
さあ、今日も散歩を楽しむか。
[PR]
by kahohime | 2007-04-08 10:16 | 日々の楽しみ&幸せ



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル