日々の泡

<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

私だったら

誘拐事件が無事に解決したのはとても喜ばしいことですが・・・

私だったら、怖い思いをしてようやく解放された娘を
報道陣の前にさらしたりしませんねえ。
何を考えているんでしょう。
[PR]
by kahohime | 2006-06-27 09:50 | それは常識ですか

コンビニの罪悪感

今はつわりがきつくって、料理を作るのが本当に苦痛です。
しかし子どもが一人いますから、
ご飯に納豆、パンにスープだけ、というわけにもいかず。

とりあえず、干物類を大量に買い込んで(冷凍できるからです。)
朝晩はそれをメインのおかずにしています。
私はサラダでもあれば十分なんですけど、
家族にサラダだけ、というわけにはいかないのです。

それでも、干物すら焼くのも苦痛な日もあります。
そんなときは、夫に頼んで、
何かお惣菜でも買ってきて、というのですが
どうも罪悪感を感じて仕方がない。

コンビニやスーパーのお惣菜は
普段はほとんど買いません。
食べることにとても抵抗があるからです。
でも、どうしてなんでしょう。
たとえば、デパートの地下に売っている
有名なお店のお惣菜とか、
または商店街のお肉屋さんのコロッケとかは
それほど罪悪感を感じない。
単なる値段だけではない気がします。

作っている人の顔が見えないからでしょうか。
商店街の総菜屋さんは、作っている人が誰だかわかります。
有名店も、経営者を知らなくても
そのお店のコンセプトだとか、お店の目指しているもの、なんかはわかりますよね。
そして、作り手がお客のためにおいしいものを作ろう、という
努力をしていることもよくわかる。
コンビニやスーパーには、それを感じないからでしょうか。

どんなに素材にこだわったというCMをやっても
ちっともおいしいと思わない。
ちっともおいしいと思わないものを食卓に並べることには
どうも抵抗があってできない。

そんなわけで、非常につらいつわり生活。
おいしいお惣菜屋さんが近くにあったら、
迷わず毎日買いにいくのになあ。
[PR]
by kahohime | 2006-06-25 15:00 | あれこれ、思うこと

どうやって育てたらこうなるのか

最近の犯罪者は年齢を問わず
およそ常識では考えられない理由で人を簡単に殺します。
もちろん、本人にとっては重大な理由なのでしょうが、
冷静なって考えてみればそれがいかにおろかなことかわかるはず。
なのに、取り返しのつかないことをする。
学歴や知能指数はあんまり関係ないようですね。

だからこそ、そういった人たちの家庭環境を
ぜひとも詳しく知りたいのです。
何がどこで狂うとそうなってしまうのか。
自分の子どもが事件の被害者になるのはもちろん嫌ですが
加害者になるのも同じくらい嫌なことです。
そうしないためにはどうしたらいいのか。
こんなこと、育児書読んでもわからない。
思春期に、親がうざったいと思うのは
ある意味正常な成長過程ですよね。
それを乗り越えられる子どもとそうでない子どもの違いはどこにあるのか。
それをぜひ知りたいです。

勉強しなさい、なんて、どこの家庭でもいってるんじゃないかしら。
でも、何のためにするのか説明してあげないと
うるさいだけかもしれません。
どうして学校に行くのかとか、子どもの頃は誰でも思ったんじゃないでしょうか。
毎日休みだったら楽しいのに、って。
面倒なことをどうしてやらないといけないか
答えは出なくても、一緒に考えてみるとか
やらないとどうなるか話し合ってみるとか
◯◯しなさい!って押し付けるよりも
効果があるかもしれません。

私が子どもの頃は、勉強しなさいとは言われませんでした。
私の成績はかなり良かったです。
しかし、妹は下から数えた方が早かったかな。
でも両親は、私たち二人ともに
「たくさん友達と遊びなさい」とか
「たくさんおいしいものを食べて丈夫なからだを作りなさい」
とはいったけれども
勉強しなさいとはいいませんでした。
勉強は自分のためにするもので
本人がやろうとする意欲を持たなければ、親がいくらいっても駄目なんだそうです。
逆に、ちょっと夜遅くまで試験勉強なんてしていると
早く寝なさい、と怒られるくらいでした。
ほかの家は勉強しろ、勉強しろとうるさくて
子どもの成績ばかり気にしているのに、
うちの親ってかわってるなあと子供心に思ったものです。
不思議なもので、強制されないと意外とやる気って出るんですよね。
(好きな教科だけですけど)

育児書を見てもわからない。
私が子どもにしてあげられるのは
自分の経験を授けてあげることだけなんですよね。
私を育ててくれた両親を信じて
両親からもらったものを子どもに伝えていく、それしかないのかしら。
[PR]
by kahohime | 2006-06-23 12:25 | 子育ては楽しいですか

今年も梅酢を

梅雨といえば・・・
梅の季節ですよねー。
梅酒に梅シロップ、梅ジャム、梅干し。
梅を使った保存食はたくさんあります。

私が毎年必ず作るのは、梅酢です。
梅と砂糖とお酢をビンに入れて、漬け込むだけ。
お酢に浸かっているので腐る心配もありません。
今飲んでいるのは2年ものの梅酢。
梅がふっくら柔らかくなっていてとってもおいしいんです。
もちろん、お酢も。
それを水で薄めて飲んでます。

梅酒もそうですけど、時間をおくほど
味はマイルドになりますね。
私のこだわりは、使う梅は青梅ではなく南高梅。
砂糖は白砂糖ではなく、きび砂糖や三温糖などの甘みが柔らかい糖分を使うこと。
そして、お酢。これ大事。
原材料を見て、アルコールなどのよけいなものが入っていないものを使います。
調味料ではなく飲み物として長い期間楽しむものなので、
少々高級なお酢を使ってもいいではありませんか(*^^*)。

今日は少し体調がいいので、
これから買った南高梅をビンに漬け込んでいきます。
これを飲むのはたぶん、早くても来年の今頃かしら。
[PR]
by kahohime | 2006-06-21 09:34 | 日々の楽しみ&幸せ

靴を買う

今まで子どもの送り迎えの都合もあり
自転車通勤をしていたのですが。

・・・さすがにもう、自転車に乗るのは怖い。

お医者さんは、自転車に乗ること自体が妊娠に影響することはまずない、と
おっしゃっていましたが、なにがあるかわからないので
すすめることはできない、とのことでした。

そうですよねえ。
ころんだりぶつかったりしたら、こわいもの。

それで、歩いて通勤することにしましたが、
片道30分。
保育園によったりすると、50分はかかります。
ウォーキングとしては、かなりの距離ではありませんか。

これを、普段はいているパンプスなんかで歩いたら、
きっと足によくない。

と思って、今日は靴を買いにいきました。
かかとが低く、つま先の幅が広いものと
ナイキの新製品!(底がたくさんわれていて、素足のような感覚で歩けるんだと)

「この靴はですね、普段使わない筋肉も使うことができるんですよ。
本来はランニング用なんですが、もちろん、ウォーキングにも最適です。」
とのことで、土日はこれでがんばって歩こうと思います。
[PR]
by kahohime | 2006-06-10 21:51 | 今日の出来事

甘いものが食べたい

ここんとこ、つわりで食欲がないのですが
どうにも甘いものが食べたくて仕方ない。

ふだんは、あまり甘いものは好きではありません。
ケーキは滅多に食べないし、あえて食べるなら和菓子でした。

それが、なんだか炭酸飲料がやたら飲みたくなるし、
チョコレートとか甘いお菓子が欲しくなるし、
こりゃこまった。

今の時期に簡単に太ってしまうと
妊娠中期以降、大変なことになってしまう。

とりあえず、果物なんかでごまかしたりしてますが
太らないように気をつけなくっちゃ。
[PR]
by kahohime | 2006-06-04 15:04 | あれこれ、思うこと



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル