日々の泡

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

子どもの生命力

うちの娘がこの世に誕生したことって、
奇跡とも言うべきすごいことだったんだ、って
今更ながら感じています。

精子と卵子が受精する確率、
受精卵が着床する確率、
着床した受精卵が無事に胎児になる確率、
その胎児が10ヶ月の期間を経て
おなかの外に生まれてくる確率。
これだけを考えても
奇跡的な確率です。

私は、結婚してから
「あなたは子宮内膜症ですから不妊症です」といわれ
自然に一人目を授かり、無事に出産したものの
二人目はその姿形を確認するまでもなくお別れとなってしまい、
3人目は無事に妊娠が継続するかどうかの瀬戸際にいます。

これまでの人生、
努力して手に入らないものなどないと思ってきました。
がんばって勉強して、希望の大学にも行った。
就職も自分で決めた。
(私は第2次ベビーブーム世代で、何をするにも競争率が高くて大変( ̄ー ̄))
がんばれば、自分の目標は達成できると信じてきました。

それが、がんばってもどうにもならないことがありました。
子どもを授かる、っていうのはがんばってできることじゃないんですよね。

今は不安な毎日ですが、
だからこそ、子どもがどれほど大切なものか
身をもって実感できます。

何の苦もなく子どもを授かっていたら、
もしかして、これほど子どもをかわいがらなかったかもしれない、
そんな風にも思います。

子どもが生まれるって、すごいことなんです。
いろんな奇跡が重なってできること。
だから、私の娘がこの世に出てきたことって
それだけですばらしいことなんです。

妊娠の過程で失われていく生命の率を考えたら
まずは出産に至っただけで、
その子の生命力っていうのはすごいんです。

昨日は娘の顔をなんだかまじまじと見てしまいました。
[PR]
by kahohime | 2006-05-26 10:47 | 子育ては楽しいですか

待つということは・・・

待ちに待った第2子を授かりました。
先週わかったのですが、
今は自宅で安静にしています。
実はこの子は3人目。

2人目は6週で成長がストップしてしまいました。
残念ながらお空に帰ってしまったのでした。
そうなると、妊娠したとわかっても不安なことだらけです。
若干出血があるので休んでいますが
胎のうの形があまりよくない、なんていわれると
まただめなのかしら・・・という不安が頭をよぎります。

妊娠=出産でないことは
自分自身がよくわかっていることですから
どうしても不安が先に立ってしまいます。

でも、考えても仕方のないことだということもよくわかっています。
無事にこの世に出てくるかどうかは、
このこの生命力次第。
今の時期、私がしてあげられることは
安静にしていることぐらいなのです。

おなかが痛くなったり、出血があったりすると
不安というより恐怖に近いものがありますね。
でも、待つしかありません。

ただ待つということは、一番簡単ですが
一番難しいことなのです。
この1日、1日がどれほど長く感じることか。

家で好きなことをしながら、
あまり嫌なことは考えないようにして
とりあえず、ゆっくり過ごそうと思います。
[PR]
by kahohime | 2006-05-25 12:44 | あれこれ、思うこと

一人歩きもできない

秋田でまた嫌な事件が起きましたね。
どうすれば子どもを守れるんでしょう。
それこそ、24時間監視していないといけないんでしょうか。
それでは子どもがかわいそう。

小学生の頃って、先生が「まっすぐお家に帰りなさい」なんて言っても、
いつもとは違うルートを歩いてみたり、
買い食いはいけないと言われているのに
駄菓子屋さんによって1個10円のお菓子を買ってみたり、
大人の入り込まない子どもだけの遊び場所があったり
そんな”冒険”とは言わないまでも
ちょっとしたいたずらや秘密の場所を持っていたことが
後々人生の宝物になったりしますよね。

友達との寄り道、
家に遊びにいくんじゃなくて、帰り道に何気なくする
たわいもない話が楽しかったりするし、
何かあったときには一人で歩きたい気分になることもあるでしょう。

今に子どもたちは、そんなこともできないのですね。
私たちが子どもの頃には当たり前のことだったことができない。
塾の先生も、友達の親も信用できない、
一人歩きもできないなんて、なんて世の中になってしまったんでしょう。

うちの娘が小学校に上がるのは2年後です。
仕事をしているため、毎日送り迎えができるわけではありません。
そのときにはどうしたらいいのか、今から頭を悩ませています。
[PR]
by kahohime | 2006-05-22 22:07

これは、ほんものだよ

土曜の夜は、ケーブルテレビで
『西部警察』『太陽にほえろ!』『特捜最前線』の3本立てを楽しんでいます。
次の日が日曜日だからといって
少しのんびりしすぎたうちの娘。
いつもなら夜の10時には寝室に上がっているはずなのに
昨日はまだ起きていたんですね。

そんなとき、『太陽にほえろ!』のオープニングテーマが・・・


「おかあさん、ゆうたろうがタバコすってる!」

娘よ、それはほんもののゆうじろうだよ・・・
[PR]
by kahohime | 2006-05-14 16:58 | 子育ては楽しいですか

うつ病

うつ病・・・といっても、私ではありません。
4月に部署が異動になって、私の隣に座っている人が
躁鬱病なのです。

異動してきたばかりのときは、
独り言は多いし、体臭はきついし、
仕事をする環境が悪すぎる!!と思ったものですが
彼はとうとう仕事に来なくなってしまいました。

今は「誰かに狙われている」という被害妄想がひどく
家から出られなくなってしまったそうです。

本人は生きた心地がしないんでしょうね。
ほんとうに狙われてる、外は危険だって信じているのですから。

去年は病院にも通っていたらしいですが
治ったと言って勝手に通院も薬を飲むのもやめってしまったらしいです。

やはり、どんな種類の病気でも
専門家の意見を聞き、治療に専念するということは大事なんですね。
彼はプライドが高いだけに、自分が病気だとは思いたくないみたいですが
誰でもどんな病気にかかるかわからないのだし
決して恥ずかしいことなんかじゃないのですから
自分のためにもちゃんと病院に行ってほしいですね。
[PR]
by kahohime | 2006-05-09 20:09

今日は菖蒲湯!

GWもあと残りわずかになりました。
今日はこどもの日ですね。
男の子の節句ですが、家族みんなの健康を祈って
今日のお風呂は菖蒲湯です。

昔のひとほどきちんとした準備はしませんが
なるべくいろいろな行事を家族で楽しみたいと思っています。
お正月とか節分とか。
できれば、その行事の意味などを娘に伝えながら。
(とはいっても、まだよくわかってなかったりして・・・)

おせち料理もそうですが、ひとつひとつに意味があって
どれも家族の繁栄や健康などを祈るものですよね。

家族であちこちに出かけてする思い出作りももちろん楽しいですが
家の中でこぢんまりと季節の行事を楽しむのもまた楽しいものです。
[PR]
by kahohime | 2006-05-05 17:57 | 日々の楽しみ&幸せ

親の気持ちがわかるかい?

今朝ニュースを見ていたら
大阪で二人姉妹が殺された事件の初公判があったという話題をやっていました。

亡くなった娘さんたちのお父様が記者会見をされていました。
「出てきたら、殺してやる。」って。
それが許されないのなら、裁判所の前で腹をかききる、と。

朝からなんて重いニュースを見てしまったかと
ものすごく暗い気持ちになりました。

それは、自分も娘を持つ身として
その気持ちがほんの少しだけ理解できるからです。
ほんの少しっていうのは、子どもを失うことがどれほどつらいことなのか
想像すらつかないからです。

自分が同じ立場になったら
同じように考えるでしょう。

テレビでは、報復は許されないとか
言葉は乱暴ですが、みたいなことを言っていましたが
しょせん人ごとだからそんなことが言えるのですよね。

報復が許されないならば
もっと罪を重くしてくれないと。
理不尽な理由で人の命を奪うなら
自分の命で償うようにしてくれないと。
被害者は殺された人だけではないのです。
残された者は一生苦しむことになるのですから。

だいたい、身勝手な理由で人を殺しておいて
病気だかなんだか知らないけれど
その人を生かしておく必要があるのでしょうか。
まして、更生などする必要があるでしょうか。
更生したって、亡くなった人は帰ってこないのですよ。
更生したって、罪は消えないと思います。

死刑に反対ならば、終身刑をもうけてほしいです。
法的に殺せないんだったら、もう二度と社会に復帰できないように。

こんな犯人の罪を軽くしようとする弁護士に
残された親の気持ちがわかるんでしょうか。
[PR]
by kahohime | 2006-05-02 23:14



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル