日々の泡

カテゴリ:大人のたしなみ( 8 )

すっかり気を抜き、おおあくび

最近、仕事が終わって職場を出る頃は
もうすっかり真っ暗になっています。
だから、ついつい気が緩んでしまうのです。
どうせ見えないし、って・・・

それで、ものすごく疲れているものだから
するつもりもないのに出てしまうんですね、大あくびが。
口を抑えるのも忘れ、
かみ殺す間もなく、
口の奥からぬーっと出てくるように
気がつくと大口開けてあくびをしながら
自転車をこいでいる私がいる。

いけませんね〜。
女たるもの、いつでも誰かに見られているという意識を持っていなければ!
常に気を抜かず、「いい女」になる努力が必要です。
[PR]
by kahohime | 2010-12-19 15:01 | 大人のたしなみ

かわるもんなの!?

かわることがあるということを知りませんでした。
漢字の書き順。

たとえば「馬」。
娘の通う塾で、「書き順がかわった感じの一つですから、注意です」と言われ
へ!?漢字の書き順がかわるの??と驚きました。

なんで変える必要があるんでしょうか。
[PR]
by kahohime | 2010-03-18 22:44 | 大人のたしなみ

50歳を過ぎたら

ブランドもの。
今の私にはまだまだ縁のないもの。

ブランドものが高価なのは、素材のよさなどもさることながら
その商品を持つことに一定のステータスが付加されるような
様々な要素(企業の歴史や社会的地位など)があって
ただ値段が高いだけ=”金持ちが持つもの”という安っぽいものではないと思っているのです。

一流の品だからこそ、一流にならないと持てない。

何が一流だって、社会的地位だけではないと思うんですが
身のこなしとか、立ち居振る舞いとか
もちろん教養だとかもそのひとつ。
いろんなものを総合的に考えて、ある程度の年齢を重ね
それまで培ってきたものを足し上げて
それらが一定の容量に達したとき、
初めてブランドものを持てるようになるのかな。

それが私の中では50歳くらい、だと思うんですね。
50歳くらいまでにそれらのものを身につけていられるかどうかは
私にもわかりませんが、
まあ、そのくらいまでにはきちんとした大人になりたいな、という願望ですね。

ブランドものを持ちたい、というよりは、
本物の、質のいいものを身につけたい。
それが一人歩きしてしまわないような身のこなしを身につけたい。

10代の子がブランドものを持ったって
何のありがたみも感じないし
返って馬鹿っぽく見えます。
やはり”年相応”というものがある。
そんなものを子供に買い与える親もどうなのかしら。
本物を与える、というのと高価なブランドものを与える、というのは
似ているようで全く違うことだと思います。

いつかはそんな一流品を持って歩いても
ブランドものだけが一人歩きしないような
大人の女性になりたいものです。
[PR]
by kahohime | 2009-10-08 09:15 | 大人のたしなみ

教えるのを忘れていました

8月9日は何の日か。
朝から教えようと思っていたのに
すっかり忘れてしまいました。
せっかく夏休み中だったのに失敗したなあ。
6日も話そうと思っていたけど
弁当作りに忙しく…
ちと反省。

まあまだ15日があるか。

日本人として、8月は歴史を真剣に振り返る時期ですね。
いろんな意見があってもいいけど
とにかく風化させないことが大切でしょう。

子ども達が愛せる日本から作っていくのは
私達大人の使命です。
[PR]
by kahohime | 2009-08-10 22:16 | 大人のたしなみ

明日は選挙

明日は都議会議員の選挙です。
もちろん、投票に行きます。
誰に投票しても一緒よ、とか
選挙に行っても何も変わらない、とか
政治に対する不平不満は多々あるでしょうが、

やっぱり行かないと変わらない。


それにしても、皆さんたいそう魅力的な公約を掲げていて、
公立にも認可保育園にも入れなかったわが家としては
待機児童の解消、なんていう公約にとても心惹かれますが

いつになったら実現するんでしょう。


Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by kahohime | 2009-07-11 16:53 | 大人のたしなみ

大人のたしなみー箸の持ち方

テレビ番組などで
”グルメ”だの”食通”だのと言っておきながら
箸もちゃんと持てないタレントを見ると
味がどうこう言う前に
箸ぐらいちゃんと持ってごらんよ、と思ってしまいます。

うちの娘は4歳、
これが不思議なことに
たいして教えてもいないのに
上手に箸を持っている。
保育園のおかげでしょうか。
とにかく、一安心。
今はできなくたって、気長に教えていけばできるようになる、
と思っていましたが、
そんな心配は無用でした。

箸が持てない人は、あんまり自分では気にしないんでしょうか。
それとも、「あなたに迷惑かけてないでしょ」なんて言われちゃうかしら。
でも、鏡を見たら考え直すかも。
おかしな箸の持ち方では、食べる姿が美しくないのですよ。
やはり、いっぱしの大人としては
箸ぐらい持てなくちゃね。
[PR]
by kahohime | 2006-08-11 18:55 | 大人のたしなみ

大人のたしなみー着物

着物が好きです。
とはいっても、今では年に1度も着る機会がない状態ですが。
子どもがもう少し大きくなったら着付け教室でも行って
いつかは、自分で着られるようになりたいなあと思っています。

着物のおしゃれって、とても奥が深い。
去年、娘の七五三用の晴れ着を縫ったのですが、
それでようやく着物のつくりというものを理解できました。
裾や袖口から裏布がちらっと見えるように作られていたり、
肩上げ、腰上げ次第で、多少のサイズ変更は柔軟に対応できる。
そして、半襟や掛け襟のおしゃれ。
まさに合わせ方が無限大。

反物はスーツ、
帯はネクタイ、
半襟はワイシャツ、ってとこかな。
スーツはそんなにたくさん買えないけど
ネクタイ次第でかなり印象は変わりますよね。
半襟は自分で替えることができるので
白以外に色物、柄物と、いろいろ遊べます。

正絹の着物でお出かけ、というのはちょっと大変だけど
まずは浴衣あたりから練習してみたいです。
子どもと一緒に浴衣を来て夏祭り、なんて楽しそう。
できれば家族みんなで。
今年は、家族みんなの浴衣を縫ってみようかなあなんて思っています。

ちょっと改まった席などに
粋に着物を着こなして、なんてかっこいいなあと憧れます。
ブランドものもいいですけどね、
キラキラしたアクセサリーなどでごまかしがきかないのが着物。
着物をさらっと着こなせるようになったら
少し大人の女性に近づくかな。
[PR]
by kahohime | 2006-03-17 22:59 | 大人のたしなみ

大人のたしなみー参拝の仕方

神社仏閣がけっこう好きです。
昔は神仏なんているわけないし、
そんなことを信じてもどうにもならないと思っていました。

でも、大人になってから「本物」を見ると考えが変わりますね。
修学旅行ではどこがいいのかわからなかった京都や奈良も
大人になってから行くとまったく違った見方ができるものです。

観光地に行かなくても、近所を見渡すと
古い神社なんてものが意外とあるものです。
昔から地元の人が参詣している場所というのは
独特の雰囲気があるように思います。

私は幽霊や超能力といったものが現実に存在するのかどうかよくわかりませんが
目に見えなくても確かに存在するもの、というのはあると思うのです。
特に神聖な場所というのは
いいエネルギーに満ちた場所だと思ってます。
だから、疲れたりストレスがたまって弱っているときなどは
神社にでも参拝して、心を落ち着けるといいんでしょうね。
静かな場所で心静かに過ごす。
簡単なことなのに、忙しい日本人にはなかなかできません。

さて、神社に参拝するときの方法ですが
その神社によって若干違いがある場合もあるけれど
この方法が一般的ではないかと思います。
  ↓
http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20051227A/index.htm

神社に行ったらまず何をする?
冷たい水で手を洗います。
その次はどうする?
こんなことが、誰にも聞かなくてもスムーズにできたら
とてもかっこいい。
カタカナ言葉をたくさん知っているのもいいけれど
日本古来のしきたりや作法に精通しているというのも
粋な大人じゃありませんか。
言葉ではなく、動作で表す大人のかっこよさ。
このぐらいのこと、当たり前にできるのが大人のたしなみ。
[PR]
by kahohime | 2006-01-09 15:14 | 大人のたしなみ



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル