日々の泡

期待はしていないけれど

保育園から帰ってきて、娘が
今度やるお店やさんごっこのグループ分けについての不満を漏らしてました。
仲のいい子とおんなじグループになれなかったって。

次の日、連絡帳にそのことを書きました。
別に、どうこうしてくれ、ってわけじゃなくて
娘がこんな風に不満を感じていること、ただし、
なんでもかんでも自分の思い通りにはならないということも
きちんと話した、ということを書きました。

それに対する返事は。

自分からそのグループを選んだんですよ、
彼女だってとても喜んでいて楽しそうでしたよ、というものでした。

娘にきいてみると全然違う。
自分で選んだのではなく、選ばれてしまったのだ、
ちっとも喜んでいない、と。
しかも、女の子ばっかりじゃだめだから
男の子とも混ざるように先生に指示されたんだと。

相手の女の子はみんなからいじめられている子で
娘はその子に一緒にやろうと言われて断れなかったみたいです。
でも、自分は他の子と一緒にやりたいのに・・・という思いもあり
家で不満をぶちまけていたのです。

しかし、ほんとに子どものことわかってないんです、担任の先生。
心から喜んでいるのか
その場は仕方なく笑っているのか
表情見ればわかるし
友達関係だって毎日見てるんだから親より把握してるはず・・・

なんてのは幻想なんです。
先生もいろんな人がいる。
先生は神様じゃありません。
みんなが子どものことをよくわかってるなんて思ったら大間違い。
たまに、ほんとにわかってないな、とイライラすることもありますが
小学校に入る前にこんな先生に会っておいてよかったかも。
教師に過剰な期待をしなくて済みますからね。

子ども時代に、一人でもいい先生に出会えたら
それでよしとしましょう。
[PR]
by kahohime | 2007-10-25 11:05 | 子育ては楽しいですか
<< 生き残る店 最後の運動会 >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル