日々の泡

それは笑える話ですか?

先日、保育園で保護者会がありました。
赤ちゃん連れで参加しましたが、いい子でお昼寝してくれてたので
助かりました。

その中でのできごと。
「子どもの笑えるエピソード」を発表してください、と言われ
あるお母さんがこんな話をしてました。

「うちの子、絵本なんかを読んであげようとすると
『どうして動物なのにしゃべるんだ?』とか、
『どうしてこれで幸せなんだ?』とか、
大人並みの突っ込みをするんですよ〜」

なんだか得意げに話してるんですけど
話の筋とは関係ないところで、
そもそもそれを言っちゃおしまいでしょ、というような
突っ込みをする、ということを
「大人並みの鋭い観察眼で突っ込みをする」とおっしゃってるんですが。

それが笑える話なのか。

先生は、
「お母さんは、それに対してどのように答えるのですか」と聞いた。
「お話だからね、で済ませちゃいます」と答えてた。

子どもも5、6歳になれば
動物が話をしないことぐらいわかってます。
それでも、物語は物語として
絵本の世界を楽しむんでしょう。
大人だって同じ。
作り話とわかっていて
小説を読んだりするんだから。
フィクションだからこそ楽しめる世界はたくさんある。

うちの子頭いいでしょう〜と言いかねないような勢いでしゃべっていたが
決して頭がいいとは思えない。
想像力が乏しいだけだ。
このまま大人になると、将来どうなるんだろう。

いろんなことを想像して
お話の世界を楽しめる子とそうでない子の差は
どこで生まれるんだろう。
この世に生まれてまだ5、6年だというのに。
[PR]
by kahohime | 2007-05-20 23:21 | 子育ては楽しいですか
<< えらいぞ!娘。 二人目はどうしても少ない >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル