日々の泡

地獄の絵本

絵本・地獄』というのがあるんですけどね
五平という人が死んで
三途の川から地獄がどんなところか
えんま王に見させられる、というお話。

生前の、ちょっとした良い行いによって
おじぞうさまに救われて
地獄に落ちなくて済むのですが
死にかけた時に見た地獄の風景は
それはそれはおそろしいもので
五平さんはこれからはきちんと生きていこう、と思うわけです。

この絵がねえ、けっこうおどろおどろしくて。
5歳の息子にはなかなか衝撃的だったようです。

うそをついたり、人に感謝しなかったりすると
火の車に乗せられたり、針地獄に落ちるんです。

そのたびに
「ぼく、嘘ついてないよ」
「ぼく、ありがとうってちゃんと言えるよ」と
真剣な顔で、絵本からほんとは目をそらしたいのに
目をそらせずに真剣に聴いている息子が
ちょっとかわいかった。

あまり怖がらせてはいけないけれど
誰も見てないからいいや、と思わずに
自分のこころに照らして
今の自分の行いは正しいのか?
そんな風に考えられる子になってほしいと思います。
[PR]
by kahohime | 2012-03-21 13:49 | 子育ては楽しいですか
<< 沈丁花の香り ようやく・・・ >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル