日々の泡

痛恨の、大根葉。

今日は息子の4歳の誕生日!
家族みんなで祝うお誕生会は月曜日にすませましたが
やっぱり当日もお祝いしなきゃ!
と、夕ご飯何を作ろうか迷って、
息子の好きなカレーにしました。

とはいっても、いつものように
長時間煮込むことはできないので、
玉ねぎは粗みじん、人参は千切り、
肉も小さめに切りました。
じゃがいもも加えて・・・
と、そこで目に入ったのが、昨日茹でておいた大根の葉。
友人から畑でとったばかりの大根をいただきました。
葉っぱがぴんぴんしていて、
そのままかぶりつきたくなるくらい新鮮だったので、
このみずみずしさが残るうちに茹でてしまおう!と
昨日のうちに下ゆでしておいたものです。
新鮮なうちに茹でておくと苦みが少なくて、
その後の料理に加工しやすくなります。

その大根の葉を、みじん切りにしてカレーに加えたんです。
ほうれん草代わりになるなあと思って。
色もキレイだし、栄養満点!!

自信を持って、
「ほうら〜、おいしいカレーだよ〜!」と
息子の前にたっぷり盛ったカレーを出しました。
すると彼は
「普通のカレーがいい〜!!!」
と、私の力作を拒絶w( ̄△ ̄;)w
仕事から帰ってきて、一所懸命作ったのに( ̄□ ̄;)!!
ひどいじゃないか!!

カレーと混ざってるし、
下ゆでしてあるから
ほとんど味しないんだってば〜!
とりあえず、一口食べて見なさいよ!
と説得しましたが、かたくなに拒絶。
しかし、あまりに母がすすめるので、
彼は仕方なく、端っこの方の、
野菜がない部分をスプーンでちょっとだけすくって
口に運んでみるのでした。
「ね、いつものカレーでしょ?」と聞くと
「じぇんじぇん、ちがう。」と冷たい答え。

帰ってきて、がんばって作ったのに。

正直言うと、ちょっとだけ頭をよぎったんですよ、
大根の葉を入れる時に。
いつもと変わったことをすると、食べないかも・・・って。
でも、味がしなければ平気さ♪と高をくくっていた私が甘かった。
慎重派の息子は、自分のスタイルを重んじる男なので
好きなものに勝手に手を加えることは許されないのだ。
それを忘れていた・・・。

せっかく作ったカレーはパパがお代わりとして食べてくれました。
息子は納豆ごはんとおでんで誕生日の夕食を終えました。
[PR]
by kahohime | 2011-01-12 22:01 | 子育ては楽しいですか
<< 断捨離以前 危険なロングブーツ >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル