日々の泡

通知表なんて、くそくらえ。

昨日は娘の終業式でした。
通知表を持って帰ってきました。
本人としては、満足できた部分とそうでない部分とあったようですが
私は、1学期に引き続き
2学期も欠席日数ゼロだったことが嬉しかったです。
健康で毎日過ごせてよかった。
ほんとにそう思いました。

学校の通知表は飛び抜けていいわけではないけれど
やっとそれが気にならなくなりました。
ようやくわかった。
この子は勉強が嫌いなのではなく、
自分の興味を引くものにはものすごく集中できるけど
つまんない、と思ったらとたんに集中できなくなるだけだと。

塾に行かせたのは、成績を良くするためというよりは
勉強の楽しさを知ってほしかったから。
これは効果があったように思います。
なぜなら、塾の先生の評価はとても良く
塾の試験もできは素晴らしいからです。
塾の試験というのは難しく、
あてずっぽうや勘でできるものではありません。
ここまでしっかり考えて問題が解けるのであれば
頭が悪いということではない。
ではなぜ学校の先生の評価は今ひとつなのか。
授業で集中できないのはなぜか。

それはきっと、先生の授業がつまらないからです。

私も子どものそうだったからわかります。
面白い授業はちゃんと聞くんですよ、どんな分野の話でも。
私は文系科目が好きでしたが、
つまらない授業は嫌いでしたので、一切聞かなかった。
そんなつまらない、程度の低い授業であれば
自分で教科書読んでも勉強できる、と思っていたから。

さすがに小学生で娘がそこまで思わないでしょうが
本能的にわかっているんだと思います。
教え方のうまさと下手さの違い。
塾の先生は教えるのが上手です。
個々の生徒の性格も良く把握し
どう教えれば彼らの興味を引きつけられるのか知っています。
だから娘は、塾ではよく勉強してくるし、
「今日はこんなこと教えてもらった!」と
ちゃんと報告してくれるんです。

学校の個人面談のおり、
塾ではしっかり集中して話を聞いて
成績もいいんですけどね、と言ったところ
「どんな場所でも集中できるようにならないと、ですよね」
と言われましたが、8歳の子どもにそれを要求しますかね。

だからね、学校の先生たちよ、
集中力がないとか話をちゃんと聞かないと
子どもたちを責める前に
自分の話に実があるかどうか考えてみなさいよ。

子どもは正直なんだから。
[PR]
by kahohime | 2010-12-25 14:54 | 子育ては楽しいですか
<< こころの底から君が好き 彼氏ではなく、息子・・・ >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル