日々の泡

君を守る

「ほぼ日」の山田ズーニーさんの「おとなの小論文教室」で
先週掲載された、”守る”ということばについてのコラム。
守るということはどういうことなのか、
あなたは守られたいか。
”守る”という「美しい」ことばに
惑わされていないか。

日本は出る杭は打たれるから
”美しい”ことばが好きですね。
ほんとのことを言うと、角が立つんです。
だから、男性は女性を「守る」なんていうことが
けっこうかっこいいことだと思ってる人、
いや、ほんとはそんなこと思ってないんだけど
思ってるって言わないといけないと思ってる人、多いんじゃないかしら。

私は守ってもらおうとは思ってない。
夫とは、対等でいたいと思う。
支えあえる仲でいたいと思う。

そもそも「守る」とはどういうことなんだろう。
養うということか。
であれば、私は仕事があるから
養ってもらう必要はない。
自分で食べるくらい、自分で稼げる。
子どもを守るということか?
もちろん、小さいうちは、危険なことから守ってあげなくてはいけない。
しかしそれは、ごくごく小さいうちのこと。
幼児になれば、守るというよりは
自分の身の守り方を教えるのが私の役目。
守ってばかりでは、独り立ちできない。

「君を守るよ」なんてプロポーズされたら嬉しいかな。
いや、嬉しくないな〜。
なにうぬぼれてんのよ、なんて思うかも。
自分の身くらい自分で守れるわよ、って。
守られる、ということは、イコール私は弱い、と思われている気がしてならないから
なにを失礼な、と
気の強い私は思ってしまうわけですよ。

守る=何かをしてあげるではないですね。
だとしたら、どういうことなのかな。
騎士が守るのは王様、お姫様。
それならわかる。
個人のあり方が多様化した今では
「守る」という言葉の意味も
昔とは違うのではないかな。
[PR]
by kahohime | 2010-06-02 22:27 | あれこれ、思うこと
<< 鳥が鳴いてる・・・ ぐうたらグッピー >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル