日々の泡

子供の命と自分の命

子供の命と自分の命、どちらが大事かときかれたら
迷わず子供の命と答えます。
親は皆、そういうものだと思っていました。
でも、そうでもないんですね。

昨日、職場の同僚の女性4人で早めの忘年会をしました。
どういう流れか忘れましたが、子供のためなら死ねるよね、
子供の命と自分の命のどちらかを選ばないといけないとしたら
間違いなく子供の命だよね。
そんな会話になったとき、家事嫌いの後輩が
「自分の命に決まってるじゃないですか。
子供のためになんて死ねませんよ。」
というので心底驚きました。

加えて、子供がどう育とうと自分に責任はないし、関係ない。
親はなくとも子は育つというから、ほっといても育つでしょう。
そんなことばかり言うので、頭が痛くなってきて・・・。

人の価値観、考え方は本当にいろいろなんですね。
でも、子育てに関して親に責任がない、と思っているのは驚いた。
子供の命が二の次なのも驚いた。
私が産んだからってどうして私が責任もたないといけないんですか、と
聞かれたことも驚きました。
「だって、どんな子が産まれるか親には選べないんだし。」だって。

それは、子供の台詞ですよねー。

そこまで責任もてないというなら、子供産んじゃいけなかったんじゃない?
と聞いたら、
「そうですねー、子供のない人生もありだったかな−。」
と、何とも罰当たりなことを。
子供が聞いたらどう思うかしら。

まあ、子供が欲しいと思ったのも、
結婚したときは別に欲しくなかったけど
友達だか親戚だかの子供を見て”かわいい”と思ったから、と言っていたので
ペットみたいな感覚なのかしら。

まあ、そういう考え方もあるんだ、と
理解できなくはないけれど、
要は自分が一番かわいいという事でしょう。
でも、まったく共感はできないですね。
人として尊敬もできません。

いざとなったときどうなるか、それはわかりませんよ。
彼女が危機に遭遇して、子供の命を優先するかもしれないし、
私が自分の命を優先するかもしれない。
それはほんとにわからない。

でも、めったにそんな状況には遭遇しないのだから、
その”心構え”みたいなもの、あるとないのでは
日々の暮らしの中で、態度や言葉の端々ににじみ出るのではないかと思うのです。
あなたが一番大切なのよ、という気持ちです。
これを伝えてあげることが、親の役割だと思うのです。

まあ、他の家庭のことに頭を悩ませる必要もないのですがね。
私は私で、子供たちを守っていくだけだから。
[PR]
by kahohime | 2009-12-13 17:13 | 子育ては楽しいですか
<< 愚痴代わりに ほっとする休日の朝 >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル