日々の泡

タオルがよみがえる!

先日、子供たちのインフルエンザ接種のため、病院へ行ったときのこと。
ロビーで会計を待っているとき、
備え付けのテレビで、NHKの『ためしてガッテン』が放映されているのを見ていました。

その日の特集は、使い古したタオルがホテルタオルによみがえる!というもの。
柔軟剤も特別な機械も必要ないということで
かなり期待して見ていました。

というのも、私はかなりのタオル好き。
ふわふわのタオルが大好きなんですよね。
別に高価なものじゃなくていいんですよ。
ふんわりとお日様の香りがするタオル。
お風呂上がりにそのタオルで顔を拭くのは至福の一時♪

ただ、お気に入りのタオルでも
繰り返し選択をしていると、どうしても買ったときの風合いは失われてきますよね。
ペタ〜ッとしてきて、ごわごわに・・・・

それが元に戻るって!?

やってみましたよ。
番組で教えてもらったとおりに。

タオルのループを立てるんです。
タオルが普通の布と違うのは、
糸がまっすぐに織り込まれているのではなくて、
Uの字に盛り上がるように織られていますよね。
そのループが寝てしまうから、タオルがペタ〜ッとしてしまう。
それを起こしてあげれば、タオルはよみがえる、というわけです。

どうやるかというとですね、
洗濯して干すときに、パンパンと振るだけでいいんです。
洗濯物を広げるときに、両端を持って
パンパン!とあおるように上下に振りますよね。
あの動作を5回繰り返すんです。
すると、タオルのループが立って、ふんわりする。

もちろん、5回より10回、10回より15回、15回より20回振ると
よりふんわりします。

途中、選択王子なる方が出てきて、
20回も振らなくたって、ループを逆目に立てればいいんですよ〜ともおっしゃっていました。
つまり、5回振ったあと、タオルのループをよく見て
織り込まれている方向と逆になでてあげればいいんです。
タオルをなでてみると、ループが寝てしまう方向とそうでない方向があるのがわかります。
ループが寝てしまわないように、逆の方に立てるようになでてあげます。

そして干すこと1日。

乾いたタオルをさわって、感激すること間違いなしです。
私も、たったこれだけの手間でこんなに肌触りが違うなんて驚きました。
もう、タオルのループ立てが楽しくて、楽しくて。

ちなみに、ループが切れてしまっているものはダメ。
絡まりすぎているのも難しかったかな。
ループさえきちんと残っていれば、
どんなに古いタオルでもよみがえるようですよ。

タオル好きの皆様(きっと私の他にもいるに違いない)
ぜひ試してみてください。
[PR]
by kahohime | 2009-10-16 09:59 | 日々の楽しみ&幸せ
<< ゆでれば良かったんだ! 本を読みましょう >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル