日々の泡

人生の明暗

今週月曜日、娘の学校の1年生が
ダンプカーにはねられてなくなる、という事故がありました。
6歳の小さな命が失われたことは非常に悲しいことで
ご家族の気持ちを考えるといたたまれません。
同じ親として、今ご両親がどれほどの苦しみの中にいるのか想像もつきません。

ダンプカーの運転手は逮捕され
「ぶつかってから気がついた」と供述しているようですが
間違えたでは済まないことですよね。
お母様と青信号を自転車で渡っていて
左折してきたダンプカーにはねられた。
運転手がほんのちょっと注意していればさけられたのでは、と思うと
本当に無念です。
亡くなられたお子さんはどれほど無念だったでしょう。

あと1分、家を早く出ていたら。

そんな風に考えるんですよね。
事件とか事故に巻き込まれてしまうタイミングが
ほんの少しでずらせたんじゃないか、って。
逆にいうと、なぜそのタイミングになってしまったんだろうって。
ほんのちょっと時間が前後していたら
もしかしたら何事もない普通の日になっていたのに。
人生の明暗を分けるタイミングはどこで分かれるんだろう。

どうして。
私が同じ立場に立ったなら
きっとその言葉だけが頭をぐるぐる回るに違いない。
[PR]
by kahohime | 2009-09-30 21:26 | あれこれ、思うこと
<< 本物のパワーを マスクができないときに >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル