日々の泡

手料理こそ、心の栄養

「今日、ごはんどうしよっかな〜。
今日外食したら、今週3回目になっちゃうしな〜」
と、料理をしない後輩の一言。
今週3回目って、今日まだ木曜日じゃない??
と、みんなで驚きました。

一人ならいざ知らず、子供と毎日のように外食って、
そりゃあ食費が月9万円にもなりますよ。
なにより、からだによくないでしょ。

料理が嫌いだからって、子供の成長においしいご飯は欠かせない。
料理はしないと上達しないから
下手は下手なりに、少しずつ作ればいい。
子供がまだ3歳だからいいけど
もうごまかしはきかなくなる。
3人ほどでそう諭してみましたが、彼女が理解したかどうか。

「平日は毎日私がご飯作るのか〜」
ふつう、みんながやってることだよ。

「しょうがないな〜、包丁出すか〜」
それも普通だよ。

野菜は冷凍、おかずも冷凍、
包丁はほとんど使用せず。
料理がうまくなるはずもなし。

下手でも一所懸命作ることが大事だと思うんです。
そのうち上手になる。
子供はその手料理から母親の愛情を受け取って
心の栄養も蓄えていくのです。
どんなに美味しくても、毎日外食ではさびしいでしょう。

子供は馬鹿じゃないから
自分のために一所懸命作ってくれてるもの、というのはわかるんです。
その愛情を伝えることが大事なのに。

3歳児の大好物が「ファミマの牛肉コロッケ」じゃ寂しいですよね。
[PR]
by kahohime | 2009-08-28 00:10 | 子育ては楽しいですか
<< 男と女の役割 悩みはしっかり受け止めて >>



アロマカウンセラーの日々のつぶやき。毎日の暮らしを楽しみたい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
リンク
ブログパーツ
フォロー中のブログ
タグ
記事ランキング
検索
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル